ホーム | 日系社会ニュース | 安全対策、留意点を説明=サンパウロ総領事館=PCC事件見通しつかぬ=遭遇したらすぐ連絡を=通報は匿名・秘密を徹底

安全対策、留意点を説明=サンパウロ総領事館=PCC事件見通しつかぬ=遭遇したらすぐ連絡を=通報は匿名・秘密を徹底

ニッケイ新聞 2006年8月11日付け

 サンパウロ総領事館(西林万寿夫総領事)は九日、定例記者会見を開き、今年上半期の治安状況と安全対策上の留意点を説明した。総領事は「例年に引き続き誘拐事件、薬物取引が増加している」と説明。一連のPCCの暴動事件に関して、「いつまで続くか見通しがつかないが、今後ともフォローをしていく」とした。総領事館側は「事件に遭ったら、すぐに連絡して欲しい」と呼びかけている。
 西林総領事の話によれば、上半期の特徴は、誘拐事件、薬物取引が増加傾向にある。五月に発生したPCCの暴動も、「毎月一回のように騒ぎになっており、この凶悪な事件がいつまで続くかわからない」。 対策としてはテレビの報道に留意し、不要に政府、警察施設に近寄らないようにする。
 邦人関連としては、空港からの帰宅直後に狙われる拳銃強盗事件が増えている。特に自動車運転中に拳銃で襲われる事件が増加傾向だという。「アルジャ市のゴルフ場へ行く道が危ないと聞いた」と注意を促した。
 昨年減少した振り込め詐欺事件が、今年また増えている。手口は劇場型で幼稚単純。ポルトガル語で騙すケースも増えてきており、具体的には交通事故を装った事件が多い。
 気をつける点として、すぐにお金を振り込まず、まずは家族親戚に確認する。
 警備班担当の清水俊昭領事は、多発する拳銃強盗事件に関して「日本人だけでなくブラジル人も狙われている」とし、特にノートパソコンなどは、外に見えないようにして欲しい、と助言した。
 また、赤信号で停車中に強盗に遭うケースが多い点にふれて、「窓を閉め、なるべく徐行距離を長くすることが大事」と説明した。
 領事館側は「事故にあったらすぐに通報してほしい。匿名、秘密を徹底しています」と呼びかけている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]
  • アニメイラスト=描き方を学ぼう2005年12月24日 アニメイラスト=描き方を学ぼう 2005年12月24日(土)  マンガやイラストを描く基本技術を教える特別講座が来年一月、学校の夏休み期間を利用して、サンパウロ市のデッサンスクール、アトリエ・ジャバクアラとアトリエ・アナローザの二校で開催される。 […]
  • 大耳小耳2005年12月24日 大耳小耳 2005年12月24日(土) […]
  • 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」2005年12月24日 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」 2005年12月24日(土) […]
  • 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る2005年12月24日 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る 2005年12月24日(土)  山崎千津薫監督の映画『GAIJIN2』で物語の進行役カズミ(三世)役を演じた俳優、隈本吉成さん(50、東京都在住)=写真=が文化庁新進芸術家在外派遣研修制度により、十六日に再来伯した。 […]