ホーム | 日系社会ニュース | 講演「沖縄の織物の世界」=平良次子さんが「芭蕉布」紹介

講演「沖縄の織物の世界」=平良次子さんが「芭蕉布」紹介

ニッケイ新聞 2006年8月11日付け

 ブラジル住宅博物館(Museu da Casa Brasileira)は三十日午後七時から、同博物館(Av. Brig Faria Lima 2705)で、沖縄から来伯する平良次子さんによる講演会「沖縄の織物の世界」を実施する。国際交流基金が後援。
 同講演会では、沖縄県南風原町立南風原文化センターで学芸員を務めている平良さんが、沖縄の衣生活について講演。特に沖縄の伝統的な染織物の一つである「芭蕉布」について、DVDによる説明や、着物の展示などを交えて紹介する。講演にはポルトガル語への同時通訳がつく。
 入場無料。ただし、座席に限りがあるため、入場は先着順。駐車場は十レアル。
 問い合わせは同博物館(11・3032・3727)または国際交流基金(11・3141・0110)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ