ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2006年8月16日付け

 「第十七回伊藤園お~いお茶俳句大賞」の応募作品は百六十六万句を超え、平成元年スタート時のものからの累計応募作品数は一千二百万句を突破したという。一人六句応募できるとはいえすごい数だ。今回ブラジルからの投句者は百六十人。そのうち三十八人は入賞、入選を果たした。これはかなりの高率といえそうだ。ちなみに最高賞である文部科学大臣奨励賞は「祖父の家潮の香りの人ばかり」。青森県の鳥山愛恵さん(16)の作品。
     ◎
 大阪市で十三日まで、読売新聞社が主催する世界少年野球大会が開催された。決勝に進んだのは日本と、なんとブラジル代表。結果は延長の末、二対一で日本代表のサヨナラ勝ちだった。ブラジル代表メンバーの日系球児は試合後、甲子園球場で夏の甲子園大会を観戦したという。この少年たちから、将来、日本の高校でプレーする選手が生まれるか、楽しみなところ。
     ◎
 パラグァイのイグアスー移住地の祭り「EXPOイグアスー」実行委員会からの要請を受け、サンパウロ仙台七夕まつりで多くの人の目を楽しませた「飾り」が、国境を越え〃移動〃、同祭りの空間を彩る。飾りは、大事に扱えば、何回も新しい「いのち」を得る。製作コンクールに参加した団体、個人、学校にとっても嬉しいことだろう。その内にイグアスー移住地でも、刺激を受けて、飾りを製作するのはほぼ間違いない。
     ◎
 メトロのストで、サンパウロ市の通勤客の足は大混乱。車があっても、渋滞で動かないのだからしょうがない。バスに乗ろうとしても、こちらもいっぱいで乗車不可能。おかげで十キロ以上の距離を歩いて出勤した人の話も聞いた。ある知人はいったん家に戻って軽装に着替え、サウーデ区から徒歩出勤。感想は?「気持ちよかったけど、急に歩いたから足が疲れましたよ」。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年3月28日 東西南北  25、26の両日、サンパウロ市で恒例となった国際的ロック・イベント、ロラパルーザが開催された。毎年15万人近くを動員するイベントとして年々注目度をあげている同フェスだが、今年はメタリカをはじめ、出演者の事前知名度や天候にも恵まれ、初日10万人、2日目9万人の計19万人動員と、 […]
  • サッカーU17南米予選=ブラジルが快調に首位=怪物ヴィニシウス・ジュニオール大活躍2017年3月15日 サッカーU17南米予選=ブラジルが快調に首位=怪物ヴィニシウス・ジュニオール大活躍  現在、チリで開催中のサッカーのU17W杯南米予選で、ブラジル代表は決勝リーグの3試合目(全5試合)の時点で勝ち点7を獲得し、首位を快走している。  2月のU20W杯の南米予選は、土壇場で追いつかれる試合を3試合も行った結果、代表行きを逃していたが、その代表より3歳若いU17 […]
  • ブラジルU17南米選手権優勝=決勝リーグ4勝1分17得点2失点と圧巻の成績=10月インド開催のU17W杯出場決定2017年3月21日 ブラジルU17南米選手権優勝=決勝リーグ4勝1分17得点2失点と圧巻の成績=10月インド開催のU17W杯出場決定  2月23日から3月19日まで、チリで行われていたサッカーのU17南米選手権で、ブラジル代表が圧倒的な強さを発揮し、優勝を飾った。  ブラジルはグループリーグ予選をトップ通過した後、6チームによる決勝リーグに進み、その5試合を4勝1分、しかも5試合総合で17得点を奪うという並 […]
  • 31歳、ジョナスの挑戦=ポルトガルリーグの得点王2016年3月24日 31歳、ジョナスの挑戦=ポルトガルリーグの得点王  2018年ロシアW杯出場を目指し、南米予選を戦っているブラジル代表のFWジョナス(31)は、ポルトガルの名門ベンフィカで今期、27試合29得点の活躍で代表に招集されたが、そんな彼が、プロのキャリアを諦め、薬局に勤める寸前だった事を23日付エスタード紙が報じた。 ポルトガルリー […]
  • チッチ監督=コリンチャンス躍進の立役者=3カ国の代表からのオファー認める=コリンチャンスの後は強豪国を率いるのが夢2015年10月1日 チッチ監督=コリンチャンス躍進の立役者=3カ国の代表からのオファー認める=コリンチャンスの後は強豪国を率いるのが夢  サッカーブラジル全国選手権1部で首位を快走するコリンチャンスの監督チッチが、イタリアの主要スポーツ紙のインタビューに答え、これまでに日本、パラグアイ、ペルーの3カ国の代表チームから監督就任の打診があったことを明かした。 12年にはコリンチャンスを率い、南米クラブ選手権、リベル […]