ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2006年8月16日付け

 日本のサッカーは、ブラジルを抜きにしては考えられないのが実状である。日本としては、案外認めたくないのかもしれないが、Jリーグに占める重さがそうだし、現在の日本代表にブラジル出身者が二人いて、いいプレーをしている。去る九日、東京・国立競技場でトリニタード・トバコ戦、2×0で日本が勝った試合でも存在が示された▼二人は、三都主(アレックス・サントス)と闘利王(日系三世、田中マルクス・トゥリオ)。オシム新代表監督が召集した。走れて、最後まで運動量が落ちない、自分の役割をきちんと考えて実践できる、そういう選手が選ばれたのだが、ブラジル出身の二人もその構想内に入った▼闘利王は負けん気も強い。セットプレー以外でも前線に上がり、攻撃に参加する。得点できるDFだ。〇五年は、DFにもかかわらず所属チームの得点王になっている。オシムさんは九十分戦って息
切れした選手を排除してくだろう。身体がサッカーをおぼえている三都主や馬力のある闘利王らが日本代表の主軸になっていきそうだ▼トリニタードとの試合前、例によって、両国のFIFAランキングが紹介されていた。意味がほとんどないのに、まだやっている。ドイツW杯では、日本はランキング下位が相手の場合、勝てると錯覚?していた。ブラジルは一位だったのに8強戦で敗れた。いかに順位づけが意味のないものかわかったし、そういうものに一喜一憂するのはつまらない。要は、勝って力を示すことだ。(神)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 東西南北2014年3月29日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月29日  27日夜、パウリスタ大通りでサッカーW杯開催に反対するマニフェスタソンが起こった。約1千人の参加者はコンソラソン通り付近からパライゾ方面に向けて行進をはじめ、ブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りまで歩いた。参加者たちは「FIFAよ、出て […]
  • 東西南北2014年3月28日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月28日  27日付本紙でも報じた、今年2月のサンパウロ市での強盗事件の急増だが、サッカーW杯の会場となるイタケロン・スタジアム周辺地区での犯罪急増が目立つという。同スタジアムに近いパルケ・ド・カルモでは、強盗が昨年同月比で82%、自動車強盗が59% […]
  • 58年優勝=W杯元主将ベリーニ死去=「トロフィー挙げ」の元祖2014年3月22日 58年優勝=W杯元主将ベリーニ死去=「トロフィー挙げ」の元祖 ニッケイ新聞 2014年3月22日 ブラジル代表(セレソン)がサッカーのワールドカップで初優勝を飾った1958年に主将をつとめたベリーニ(本名イルデラウド・ルイス・ベリーニ)が20日、入院先のサンパウロ市の病院で死去した。享年83。21日付伯字紙が報じている。 1930年にサ […]