ホーム | 日系社会ニュース | プロミッソンの名誉市民=中川トミさん受証

プロミッソンの名誉市民=中川トミさん受証

2006年8月29日付け

 笠戸丸移民唯一の生存者中川トミさん(99、パラナ州ロンドリーナ在住)が、十三日、サンパウロ州プロミッソン市議会から名誉市民証を受けた。式にはジェラルド・C・バルボザ同市市長をはじめ、約二百五十人が集まり受章を祝った。またプロミッソン日伯文化協会会館で行われた受証祝賀会では、トミさんの百歳の誕生日を前倒しして祝った。
 プロミッソン植民地は、トミさんが一九二七年から三四年、四七年から五二年の間に生活をしたところ。同じ熊本県出身の〃日本移民の父〃上塚周平の誘いで入植し、青年期を過ごした。トミさんにとっては、両親との別れや、結婚、出産、子育てをした思い出の地だ。
 授証式では、トミさんの子供五人と家族、市長、市議、ノロエステ線沿線の日本人会会長らが見守る中、アレクサンドロ・A・クンラ同市議会議長が名誉市民証を手渡した。また、バルボーザ市長夫人、クンラ議長夫人がそれぞれ、蘭の花を贈った。
 授証式の間、トミさんは祝辞を述べる来賓らの話を頷くようして、涙を流し聞いていた。サンパウロから参加した熊本県人会の福田康雄会長は「涙するトミさんを見て、こっちまでジーンとしてしまった」と、式での感動を話す。
 昼食を兼ねての祝賀会は、プロッミッソン日伯文化協会(森久昭次会長)とプロミッソン文化体育協会(岡地建宣会長)の共催。地元の歌手がショーで盛り上げ、トミさんは「プロミッソン植民地の歌」のほか、二曲を歌って、その健在振りを披露した。
 祝賀会後には上塚周平の墓参り。「親以上に上塚さんにかわいがってもらった」と話すトミさん。墓前で、上塚周平の腕に抱かれていたこと、日本からのお土産を分けてもらったことなど、同植民地での思い出話は尽きなかった。
 福田会長は「よどみなく話しつづける姿が印象的だった。『二〇〇八年まで頑張って生きるからね』と言ってくれました」とうれしそう。
 午前十時からの式典、祝賀会と夕方まで続く日程にもかかわらず、トミさんは疲れた様子もなく、その日のうちにロンドリーナに戻った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]
  • アニメイラスト=描き方を学ぼう2005年12月24日 アニメイラスト=描き方を学ぼう 2005年12月24日(土)  マンガやイラストを描く基本技術を教える特別講座が来年一月、学校の夏休み期間を利用して、サンパウロ市のデッサンスクール、アトリエ・ジャバクアラとアトリエ・アナローザの二校で開催される。 […]
  • 大耳小耳2005年12月24日 大耳小耳 2005年12月24日(土) […]
  • 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」2005年12月24日 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」 2005年12月24日(土) […]
  • 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る2005年12月24日 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る 2005年12月24日(土)  山崎千津薫監督の映画『GAIJIN2』で物語の進行役カズミ(三世)役を演じた俳優、隈本吉成さん(50、東京都在住)=写真=が文化庁新進芸術家在外派遣研修制度により、十六日に再来伯した。 […]