ホーム | 日系社会ニュース | 援協施設の実状知る=地区委員ら視察=老人ホーム入居率70~80%=職員不足、負担も大きい

援協施設の実状知る=地区委員ら視察=老人ホーム入居率70~80%=職員不足、負担も大きい

2006年8月30日付け

 サンパウロ日伯援護協会の会員課、広報渉外室、福祉部による「第六回地区委員援協施設視察訪問」が二十六、二十七の両日おこなわれた。参加地区委員は四十人、援協運営の〃底〃を外部で支える存在だ。国や地方自治体の援助を受けていない援協の老人ホーム、その入居率がおおむね七〇~八〇%、職員が不足していて負担が大きい実状などをみた。
 初日に社会活動部・奄美事業所、日伯友好病院、社会復帰センター・やすらぎホーム、特別養護老人ホーム・あけぼのホーム、カンポスさくらホームを視察。現在開催中の同施設の「カンポス桜祭り」(来月二、三日も開催)を楽しんだ。翌日はスザノ・イッペランジャホーム、サントス厚生ホームを訪れ、午後は同市内の日本移民上陸記念碑を見学した。
 参加者の一人は、今回の施設訪問を振り返り「少し急ぎ足でしたが、各施設の現状がよくわかって良かった」と満足した様子だった。
 今年は聖市近郊在住の地区委員四十人が参加。地区委員は担当区内の新会員の勧誘や会費の徴収をおこなうほか、各施設の現状や事業展開の紹介をするなど、同協会にとっては欠くことができない縁の下の力持ち。現在、全伯に約二百四十人がボランティアで活動している。
 各施設の訪問では、ホーム長と経営委員長のあいさつが中心。カフェやお菓子なども用意され、説明に熱心に耳を傾けていた。
 参加者の質問は、各施設とも入居料、入居者数や入居定員など具体的な数字に集中した。
 各施設では入居定員に対し、七〇~八〇%ほどが入居している。入居者の受け入れに余裕があるとして、福祉部の関係者は「ホームへの入居に関心がある人には積極的に紹介をしてほしい」と呼びかけていた。
 なお同協会の施設は、日本と違って国や市からの援助は一切ない。入居費用の全額を払える入居者は多くなく、半分や七割ほどしか支払えない人には、同協会が残りを負担しているのが現状だ。そのため、各施設とも毎月の収支は赤字を計上。同協会の会費などは、こういった各施設での赤字の補填などにも充てられている。
 入居定員に達していない施設は確かに多い。しかし、働くスタッフはそれに対して少なく、従業員一人ひとりの負担も大きい。あけぼのホームなどでは、現在四十八人が入居。実際に世話をする介護士は十四人、寮母は十五人の計約三十人。昼夜の交代を含めて毎日十五人前後が働いているが、「到底人手が足りていない」という。ある参加者の語っていた「笑顔あふれる施設」を目指す上で、現実の数字と理想の間には、まだまだ課題も多いようだ。
 各ホームの詳細や問い合わせは同福祉部まで。電話(11・3385・6606)。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2005年12月24日 コラム オーリャ!  阪神タイガースからブラジルで応援しているファンに感謝の気持ちをこめて贈られたグッズが兵庫県人会に届いている。それらが明石屋宝石店で配布されたのだが・・・。受け取りに来たのは十人ほど。約二百三十点あったグッズがまだまだ残っている状況だ。 […]
  • アニメイラスト=描き方を学ぼう2005年12月24日 アニメイラスト=描き方を学ぼう 2005年12月24日(土)  マンガやイラストを描く基本技術を教える特別講座が来年一月、学校の夏休み期間を利用して、サンパウロ市のデッサンスクール、アトリエ・ジャバクアラとアトリエ・アナローザの二校で開催される。 […]
  • 大耳小耳2005年12月24日 大耳小耳 2005年12月24日(土) […]
  • 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」2005年12月24日 連警で銃の再登録を=鉄砲店の元経営者=「相談に乗ります」 2005年12月24日(土) […]
  • 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る2005年12月24日 日伯交流に一役=俳優の隈本さん語る 2005年12月24日(土)  山崎千津薫監督の映画『GAIJIN2』で物語の進行役カズミ(三世)役を演じた俳優、隈本吉成さん(50、東京都在住)=写真=が文化庁新進芸術家在外派遣研修制度により、十六日に再来伯した。 […]