ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2006年8月31日付け

 救急車汚職を調査する蛭CPI(議会調査委員会)は二十九日、汚職に関与したプラナン社の経営者の証言に基づき、上議一人、下議二人の三人を新たに調査対象にする決定を下した。同日、自由前線党は汚職に関与したとして党員のモウラ下議を除名処分にした。
     ◎
 サンパウロ市南部シダーデ・アデマール区で二十九日未明、広告業者の女性(43)がバールでハンドバッグを盗んだ強盗に二発撃たれて即死。冗談と思い、返せと叫びながら追いかけたことが犯人を刺激した。
     ◎
 二歳の娘を性的に虐待した疑いがあるとして母親が二十九日、年金生活者の自分の父親(54)をサンパウロ市警察に告発した。母親は娘の裸を撮影したビデオテープを二十七日夜に発見。わいせつなポーズをとるよう容疑者が指示したともとれるシーンがある。容疑者は、録画は認めたが虐待は否定している。
     ◎
 グアルーリョス市市警は、同市内の州立中学・高校で二十八日に発生した学生の暴動の捜査を開始した。全校生徒二〇二〇人のうち四〇〇人が参加した暴動は二十分間続き、机やイス、トイレなどを破壊、落書き、放火まで行われた。八月に始まった規則の厳格化が理由とみられる。
     ◎
 政府が経済活性化のために民間銀行による住宅購入の融資制度を立ち上げる中、TR(時下相場金利に修正する調整金利)を廃止する方向で奔走している。そのため市中に住宅購入詐欺がまた出没している。テレビで宣伝中のRight・Place社が、まず摘発された。購入希望者に融資をあっ旋し、書類作成段階で融資が承認されたように錯覚させる。そこで融資総額の四%を手数料として徴収する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《汚職ランキング》ブラジルの汚職の少なさは180カ国中105位=テメル前大統領は「事実と異なる」と反論2019年1月30日 《汚職ランキング》ブラジルの汚職の少なさは180カ国中105位=テメル前大統領は「事実と異なる」と反論  汚職撲滅に取り組む非政府組織、トランスペアレンシー・インターナショナル(国際透明性機構・本部ベルリン、略称TI)が2018年の腐敗認識指数(CPI)を発表。ブラジルは汚職の少なさ(社会の透明性)が35ポイントと評価され、ランキングが低下。調査180カ国中、105位だった。 […]
  • 世界汚職ランキング=ブラジルの清潔度は180カ国中96位=3年で17も順位を落とす2018年2月22日 世界汚職ランキング=ブラジルの清潔度は180カ国中96位=3年で17も順位を落とす  国際的な非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナル(TI、本部ベルリン)が2017年の公的部門における汚職ランキングを発表した。ブラジルは調査対象180カ国中96位だった。  このランキングは上位になるほど腐敗していないことを示す。2016年のブラ […]
  • 東西南北2017年11月30日 東西南北  JBSショックの仕掛人として、今年のブラジル・メディアをにぎわせた同社主のジョエズレイ・バチスタ容疑者が28日、上院で行われた社会経済開発銀行(BNDES)の不正融資問題の議会調査委員会(CPI)と、上下両院合同のJBSの汚職問題のCPIに召喚された。9月の逮捕以後、久しぶり […]
  • サンパウロ州=政治家の起訴はなし=給食汚職のCPI投票2016年12月15日 サンパウロ州=政治家の起訴はなし=給食汚職のCPI投票  13日、サンパウロ州内の給食汚職問題に関する議会調査委員会(CPI)で投票が行われ、圧倒的多数で起訴すべき人物の名前を挙げた報告書が承認されたが、そこに政治家の名前は含まれなかった。14日付フォーリャ紙が報じている。  有機農業家族協同組合(Coaf)が、州内の市の保育園や […]
  • LJ=「CPI中止を狙って贈賄」=ピニェイロ被告が暴露=委員長や報告官ら相手に=会合にはジウマの閣僚も出席2016年9月15日 LJ=「CPI中止を狙って贈賄」=ピニェイロ被告が暴露=委員長や報告官ら相手に=会合にはジウマの閣僚も出席  ラヴァ・ジャット作戦(LJ)で起訴されたOAS社元社長のレオ・ピニェイロ被告は13日、パラナ州連邦地裁のセルジオ・モロ判事に対し、2014年に設置されたペトロブラスでの汚職を巡る両院合同の議会調査委員会(CPI)の活動を阻止するため、当時の委員長、副委員長、報告官に贈賄を […]