ホーム | コラム | 樹海 | ◇コラム 樹海

◇コラム 樹海

 秋の叙勲で平岩外四氏が最高位の桐花大綬章に輝いた。東京電力会長から経団連会長になったが、大変な読書家として知られ勉強家でもある。桐花大綬章が民間人である平岩氏ただ1人というのも珍しい。普通なら政治家が選ばれ次いで官僚が続くのが勲章の決まりなのに94歳の平岩氏だけ唯1人が何ともいいではないか▼漫画家・サトウサンペイや俳優の田中邦衛さんと「九段の母」を唄う二葉百合子さんなどに旭日中綬章が贈られたのも爽やかであり、これで勲章の官から民へが一歩進んだような気もする。これにもまして喜ばしいのは、文化勲章と文化功労者に小説家や建築家,映画俳優が選ばれたことである。瀬戸内寂聴さん、音楽評論家の吉田秀和さんが文化勲章。高倉健、丸谷才一、建築家・黒川紀章、舞台美術で活躍する朝倉摂、劇作家と評論家の山崎正和氏らが功労者である▼最近は「鉄道員」などで渋いうちにも逞しいばかりの芸を見せる高倉健はあまりにも有名だ。あの任侠路線ではコロニアの映画館にフアンを惹き付け、赤提灯までがちょっぴり博徒風の「粋」を重んじたりもした。森繁久弥と森光子さんは文化勲章だが、こうした方面では歌舞伎役者などが優先される傾向が強く、映画や演劇にはなかなか目が向かない。そんな観点からも映画俳優・高倉健が文化功労者に選ばれたのは嬉しい▼粘っこくも濃密な筆運びの寂聴も今は庵で仏法を説く尼僧ながら筆への執念は強い。皇居で行われた授賞式での言葉は「小説を書きたい」だったそうだし、これからも澄み切った心から吐露する文章と語りを楽しみにしたい。   (遯)

2006/11/07

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • 3県合同新年会に約100人=協力し合って活動拡大=交流新鮮、おせちも好評2019年1月23日 3県合同新年会に約100人=協力し合って活動拡大=交流新鮮、おせちも好評  東京、埼玉、宮城の3県人会は19日、「3県合同新年会」をサンパウロ市の宮城県人会館で初開催した。各県人会員をはじめ、野口泰在聖総領事、松尾治文協副会長ら総勢100人が参加。数の子や黒豆、田作り、いくら、からすみ、エビフライ、煮豚、赤飯などが入った豪華な手作りおせち弁当 […]
  • 大耳小耳2018年12月19日 大耳小耳  日本国外務省が出しているPDF版漫画「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」(https://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html)が意外に面白い。「ゴルゴ13」とは、いわずと知れた人気漫画 […]
  • 意義深い日本の歴史ポ語講座=漫画協会と三重県人会取組む=「私たちは日本史知らない」2018年12月12日 意義深い日本の歴史ポ語講座=漫画協会と三重県人会取組む=「私たちは日本史知らない」  ブラジル漫画協会(Abrademi、佐藤フランシスコ紀行会長)と三重県人会(下川孝会長)が1日午前にサンパウロ市の日本語センターで、『日本の歴史』についての連続講演会(ポ語)の最終回と修了式を共催した。3月から月一回、計9回中の7回以上出席した34人に修了証書が渡され […]
  • リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係2018年12月11日 リベルダーデの名の由来と人骨発見の関係  先週、「リベルダーデ区の建設現場から帝政時代の奴隷の人骨が発見された」とグローボTV局をはじめ、伯字メディアが盛んに報じた。ガルボン・ブエノ街の建物を取り崩し、商業ビルを建築するために地下を掘っていたら7体の人骨が出てきたという。  リベルダーデ(自由)広場の名前の […]