ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年3月16日

 東日本大震災から2年を迎え去る11日に東京の国立劇場で犠牲者らの慰霊を行う追悼式が開かれた。式典には両陛下を始め首相や政財界の首脳らが参列し、あの歴史的な惨劇を胸に描きながら哀しみを新たにし、1万8550人に上る死者と行方不明者の冥福を祈り、一日も早い復興を目指すことを誓った。岩手、宮城両県の三陸沿岸は、昔から津波と地震が多発するところであり、チリの地震による津波で大きな被害を被ったこともある▼古くは平安時代の貞観地震の記録が、延喜元年(901年)の「日本三大実録」にあり「貞観11年5月11日、陸奥国東方沖を震源地としマグニチュード8・3以上の地震と津波があり約1千人が死亡」と記されているそうだ。この貞観11年は紀元869年であり、この当時の人口は450万人と推定されており、千人の死亡は実質的に—今回の大震災よりも被害が大きいと見ていい▼これに加え福島の原発事故があり、南相馬市では1032人が、死へと追いやられている。これまでにもウクライナのチェルノブイリ原発事故などがあったが、日本では初めてであり、自衛隊が救援に出動し、台湾からは民間人が莫大な義捐金を贈ってくれ、悲しみの中に咲いた花一輪とし国民的な話題になったのも懐かしい▼死者が多いのは宮城県石巻市で3409人、ついで岩手県の陸前高田市が1556人だが、このサンパウロにも高田出身の佐々木沙耶さんが「大震災3回忌追悼式」に出席され「苦しいけれども復興に向け頑張っています」と語り、津波で破壊された市街地の再建へ力強い発言をしているのは何とも頼もしい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 各国コロニアが手を繋ぎ=第6回ジャカレイ移民祭=約3万5千人で大賑わい=10カ国の郷土料理に舌鼓2013年8月31日 各国コロニアが手を繋ぎ=第6回ジャカレイ移民祭=約3万5千人で大賑わい=10カ国の郷土料理に舌鼓 ニッケイ新聞 2013年8月16日  聖州ジャカレイ市のジャカレイ日伯文化体育協会(上田アルベルト会長)で2〜4日の3日間、同市最大のイベント『第6回ジャカレイ移民祭』が開かれた。市内外から約3万5千人の客が足を運び、10カ国の郷土食や芸能ショーを堪能した。 […]
  • コラム 樹海2013年3月26日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年3月26日 […]
  • コラム 樹海2013年3月12日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年3月12日 […]
  • コラム 樹海2013年3月5日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年3月5日 […]
  • 眞子さまご訪問は何をもたらすか2018年8月18日 眞子さまご訪問は何をもたらすか  宮内庁は8日、「ブラジルご訪問を終えてのご印象」として、眞子さまのお言葉をサイト上で公開した。10日間で5州14都市をご訪問されたなかでも、我々にとって最も感動的だったのは、皇族として初めてご訪問された平野植民地での出来事ではないか▼初期移民がマラリアで次々と斃れてい […]