ホーム | 日系社会ニュース | 汎米メダル獲得めざし=女子ソフト=北米から指導者川崎さん=伯選手「素質がある」

汎米メダル獲得めざし=女子ソフト=北米から指導者川崎さん=伯選手「素質がある」

2007年3月9日付け

 ブラジル代表女子ソフトボールチームを指導するため、現在アメリカ在住の川崎千明さん(34、埼玉県出身)が一日に来伯。七月にリオで開催されるパン・アメリカンでのメダル獲得に向け、一週間ほど、イビウナ市のヤクルト球場で代表メンバーの指導を行い、日本とアメリカの技術を伝授している。
 ブラジル野球ソフトボール連盟(大塚ジョルジ会長)では、五年ほど前から国際協力機構(JICA)を通じて日本人指導者を招待し、ブラジル・ソフトボールの技術向上をおこなってきた。
 開催国のブラジルは、本大会が初参加。現在は、同大会の上位入賞を狙おうと、早稲田大学からの指導者を迎え、強化合宿を行っている。
 今回は、アメリカ・ロサンゼルス郊外にある「レジースミス・ベースボールセンター」で指導法を学んでいる川崎さんが、同連盟の招聘で来伯。悲願のメダル獲得を狙う。
 川崎さんは、星野女子高校を卒業後、東京女子体育大学へ入学。一九九五年から日立ソフトウェアで活躍、日本リーグで優勝した二〇〇〇年に現役を引退した。九二年には、学生選抜で来伯、ブラジルチームとの親善試合に出場した経験もある。
 同連盟の沢里オリビオ副会長は、「ブラジルチームというのは経験が少ない分、不利だが、現在選手たちは、メダル獲得という目標を持ってトレーニングに励んでいる」と大きな期待を寄せる。
 現在、チームの指導に当たっている川崎さんは、ブラジルの選手は「一人一人、素質がある」と推奨。試合においても、「日本やアメリカのゲーム形式とは異なり、キューバ人の試合の方式に似ていて、予想ができないプレーをする」と話した。
 なお川崎さんは、九日に帰国する予定。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯2019年2月9日 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯  チリで行われているサッカーU20南米選手権の最終ラウンド第4節で、ブラジル代表は7日のエクアドル戦に0対0で引き分け、最終ラウンド2分2敗の勝ち点2で最下位となり、上位4位までに与えられるU20W杯(5―6月、ポーランド開催)の出場権獲得が極めて厳しくなった。  同 […]
  • 東西南北2019年2月6日 東西南北  サンパウロ市は1月に大雨により記録的な倒木が記録されたと報じたばかりだが、今月初の大雨を記録した4日未明から午前にかけて、ほんの数時間だけで市内で32本の倒木を記録した。また、今回の雨はサンパウロ州のほかの地域にも強い影響が及び、サントスなど海岸部では、今回の雨だけで2月に見 […]
  • 《サッカー》U20南米選手権=ブラジル代表、ベネズエラに破れる2019年2月5日 《サッカー》U20南米選手権=ブラジル代表、ベネズエラに破れる  チリで開かれている、サッカーのU20南米選手権で、6カ国による最終ラウンドに進出しているブラジルは、ベネズエラに0対2で敗れ最下位に転落。上位4位までに与えられる、U20W杯(5―6月、ポーランド開催)出場権獲得に黄色信号が灯った。  南米サッカー連盟所属10カ国が […]
  • 東西南北2019年1月31日 東西南北  30日付フォーリャ紙によると、ボルソナロ政権内で、ボルソナロ大統領が不在中にアミウトン・モウロン副大統領が代行をつとめたときに行った言動に対し、批判があがっているという。中でも、ボルソナロ家の息子のひとりは、「モウロン氏は大統領になる準備をしている」と2人の人物にもらしたとか […]
  • 目指せ東京五輪=11歳のブラジル人少女=スケートボード、パークでの出場目指す2019年1月29日 目指せ東京五輪=11歳のブラジル人少女=スケートボード、パークでの出場目指す  サンパウロ州リベイロン・ピーレス市のヴィクトリア・バッシちゃん(11)が、スケートボートのブラジル代表候補21人の一人に選ばれた。  スケートボード競技には、街にあるような、階段や手摺り、ベンチや坂道を直線的に配置したコースで行われる「ストリート」と、深いお椀をいく […]