ホーム | 日系社会ニュース | 国立大劇場の舞台で=花柳寿り翔さん「流星」舞う

国立大劇場の舞台で=花柳寿り翔さん「流星」舞う

2007年3月10日付け

 「近ごろ、姿が見えないじゃないの」といわれていた花柳寿り翔さんが、去る二月十七日、東京の国立大劇場の舞台に立ち、清元「流星」を舞っていた。その舞台は、花柳壽輔・舞踊道場主催の第五十三回「寿会」。外国在住者が舞台に立てるのは稀で、名誉だった。
 サンパウロの自宅に来た便りによれば、寿り翔さんは、今回、「流星」のために、壽輔師匠が特注した四つの面をプレゼントしてもらった。感激した。四人の人物を表現できるだろうか、と戸惑いがあったが、懸命に稽古に取り組んだ。踊り終えて、師匠から「(ブラジルにいるので)日ごろの稽古が少ない中で、よく長い踊りをおぼえました。上手に踊りました」と褒められた。客席ではブラジルで同じ舞台に立ったことがある詩吟や民謡、太鼓の演奏者や知己、さらに寿り翔さんの教え子らがみており、再会に胸が熱くなった。
 現在、東京世田谷に滞在しており、師匠から「これもおぼえておきなさい。これもやっておきなさい」と、とすすめられているので、滞在が長引きそうだという。
 寿り翔さんは、生後三カ月で渡伯、三歳から日本舞踊を習い始め、十三歳でブラジルの師匠から名取を許された。その後、日本での修業を志し猛勉強、花柳壽輔直弟子師範となった。
 学業は、サンパウロ・カトリック大学の大学院修士課程(数学専攻)で学んでいる。英語はアメリカンスクール・エスコーラ・アングロ・ブラジレイラを卒業、絵画もパンアメリカーノで学び、今も自分なりの絵を楽しんでいる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サンバ界の巨匠、ネルソン・サルジェント死去=96歳、ワクチン2度接種も2021年5月29日 《ブラジル》サンバ界の巨匠、ネルソン・サルジェント死去=96歳、ワクチン2度接種も  サンバ界の巨匠、作曲家や歌手として知られるネルソン・サルジェントが27日、リオ市でコロナ感染症のため亡くなった。96歳だった。27、28日付現地紙、サイトが報じている。  ネルソンは1924年、リオ市で生まれた。本名はネルソン・マトスだが、4年間、軍に服役したことか […]
  • 《ブラジル》カーニバル中止で大損害=損失額は81億レアル?2021年2月16日 《ブラジル》カーニバル中止で大損害=損失額は81億レアル?  新型コロナの感染拡大抑制、減速化のため、各地でカーニバルのイベントがキャンセルされている。これにより、全国では最低81億レアルの損失が生じるという。  全国財・サービス・観光商業連合(CNC)が昨年の実績を基に試算したもので、交通費や宿泊費、食費、物品購入費、レクリ […]
  • 《リオ市》カーニバルの街頭行進も禁止に=ブロッコなどによる3密回避に2021年2月6日 《リオ市》カーニバルの街頭行進も禁止に=ブロッコなどによる3密回避に  リオ市役所が5日、例年ならばカーニバル恒例のパレードやブロッコの行進などが行われる2月12~22日のイベントや露店販売、観光客を乗せた乗り物の市内乗り入れなどを禁止すると同日付官報に掲載した。  エスコーラ・デ・サンバや主だったブロッコは既に、2月のカーニバル期間中 […]
  • コロニア10大ニュース=全停止した日系社会の活動=コロナに振り回された異例の年2020年12月29日 コロニア10大ニュース=全停止した日系社会の活動=コロナに振り回された異例の年  2月25日にブラジルで最初の新型コロナ患者が確認され、3月17日に最初の死亡が確認され、ブラジル社会の緊迫度が一気に上がった。同21日にジョアン・ドリアサンパウロ州知事が緊急記者会見を開いて非常事態宣言をし、24日から「2週間のクアレンテナ」(外出自粛)を行うと発表した。4~ […]
  • 東西南北2020年12月24日 東西南北  今夜はクリスマス・イブだから、多くの家庭ではパネトーネを切り分けて食べるのではないだろうか。パネトーネは、柑橘系の酸味のあるものからチョコレートなどを混ぜて甘くしたものまで様々。この時期の商戦では毎年、工夫を凝らしたオリジナル商品も話題になる。今年はサンパウロ州サンジョゼ・ド […]