ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2007年3月17日付け

 幾度かの詐欺事件を起こしている日系二世の自称〃ヤマモト〃。文協など日系団体の名を騙り、金銭を詐取、昨年はサン・ヴィセンテで事件を起こしている。鳴りを潜めていたが、先週サンパウロ市ブラス区に出没、「グアルーリョスに日本公園を造る」として非日系人から、寄付金百レアルを騙し取った。文協に連絡した被害者は、「ジャポネースがこんなことをするなんて…」と一言。
     ◎
 「移住県・広島が移住者を受け入れ」というと
ちょっと首を傾げそうだが、このたび交流・定住人口の増加を目指す広島県は東京、大阪、名古屋に「移住デスク」を開設することを決めたという。広島で暮らす情報発信拠点となるようだ。〇四年度に定住相談は約一千件。これを〇八年までに倍増させる考えだという。
     ◎
 ブラジル人が多く暮らす静岡県浜松市の調査で、同市に住む南米系外国人のうち六割が年金未加入であることが分かったという。中日新聞が報じている。約二千五百部の調査表を外国人登録者に配布して約半数を回収。同紙の報道によれば、うち七六%が派遣や請負による雇用。また、日系二、三世の割合は約三五%、非日系は一八%だった。
     ◎
 ブラジルのハンセン病療養所の現状を視察するために来伯していた早稲田大の角田さんと押尾さん。「あなたの友達で来年ブラジルが日本移民百周年ということを知っている人はいますか」、という記者の質問に「うーん、ほとんどの友達が知らないと思います」と一言。二人の父親の世代はともかく、若い世代には移民の言葉とともに、百周年はほとんど関係ないものなのかと少しがっかり。世代をこえて、多くの日本の人たちに百周年の存在自体を知ってもらえるよう、コロニアからの積極的なPR活動は今後より求められそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • ■訃報■秋本満敏さん2019年1月5日 ■訃報■秋本満敏さん  中西部日伯協会連合会元会長で連邦区在住の秋本満敏さんが、心臓発作により入院先で4日に急逝した。享年70。  秋本さんは1949年1月1日生まれ。愛媛県出身で、60年に移住。77年までパラナ州ウライーで過ごした。  ツバロン製鉄所などでの勤務を経て、80年からブラジ […]
  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日のサンパウロ市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]