ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 熊本地震発生から1カ月後、14日付の熊本日日新聞電子版によると、今回の地震は同県の災害史上で最悪の被害だという。農林水産関係被害は1345億円と過去最高で、阪神大震災や新潟県中越地震の被害額を超えた。復興のため17日の参院本会議で、7780億円の補正予算が成立したが、道路や橋などの公共施設、インフラ、民間企業の被害を考えれば、この予算でもまだ足りないかも。コロニアからの〃貧者の一灯〃である、熊本県人会に集まりつつある支援金が、1レアルでも多くなってほしいところ。
     ◎
 聖市イビラプエラ体育館で明日20日から、世界を転戦する「体操ワールドチャレンジ杯」のサンパウロ大会が開幕する。リオ五輪前の国際大会にはメダル候補のアルトゥール・ザネッティ、日系の佐々木セルジオらが出場するようだ。日本からも代表候補を目指す選手が複数来伯する。「五輪には行けないけど、少しでも雰囲気を味わいたい」という方、応援に駆けつけてみては? 大会は22日まで、チケットは一般65レアルから。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2016年12月14日 大耳小耳  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長が、先月末交通事故に合い現在自宅で療養中という。なんでもマイリポランの別荘からの帰り、車が横転し腰を痛めたとか。そのため、東洋街で先日開催された東洋祭りでは、48年の歴史のなかで唯一欠席した。ブラジル人政治家からも「リベルダー […]
  • 大耳小耳2016年7月5日 大耳小耳  県連50周年記念事業として企画された講演会。四世以降の日系社会離れが深刻化するなかで、いかに日系社会を活性化させていくかという観点から考案されたと言う。中沢宏一さん(宮城)は、「日本祭り開催や慰霊碑の管理、ふるさと巡りなど独自の活動をしてきた県連。他国にはない強力な団体だ」と […]
  • 大耳小耳2016年9月13日 大耳小耳  「ウチナーンチュの心」を次代に伝えるための日ポ両語の同人誌『群星』第2巻が、ブラジル沖縄県人移民研究塾(宮城あきら塾長)により7月に発刊された。9月20日にその合評会が予定されていたが、大事な有志、高安宏治さんが入院・手術中ということもあり、延期になった。高安さんは、本紙6面 […]
  • 大耳小耳2016年8月4日 大耳小耳  非日系人の来場客が過半数を超え、『サンパウロの祭り』と認識され始めた県連日本祭り。県連代表者会議では、宮城県人会の中沢宏一会長から「NHKニュースで『ある伯国の日系団体が主催した』と報道された。非常に残念」と悲しむ発言があった。本橋元会長からは「日本では自民党の支部を『県連』 […]
  • 大耳小耳2014年11月4日 大耳小耳  今は会員110人のうち、6割はブラジル人が占めるという倫理の会。ピラシカーバ市在住の伯人会員が、自身の経営する小麦粉の卸売り会社で毎朝の朝礼を始めた所、不満だらけだった従業員が団結、結果的に会社の売り上げがあがり、トラックの事故も減ったとか。今回は、ブラジリア在住の伯人の […]