ホーム | 日系社会ニュース | 定例役員会=「援協は1つの家族だ」=森口新会長、役職員に呼びかけ=仕事に大小はない=「団結し、誇りをもって取り組もう」

定例役員会=「援協は1つの家族だ」=森口新会長、役職員に呼びかけ=仕事に大小はない=「団結し、誇りをもって取り組もう」

2007年5月3日付け

 サンパウロ日伯援護協会の新役員らによる初めての定例役員会が、四月二十六日に本部会議室で開催された。森口イナシオ会長は、新任あいさつのなかで、役員、理事の団結と融和、さらに事業に誇りを持つことを呼びかけた。これまで年功序列を基準にするかのように役付け理事を決めてきた同協会が、事務局が確認できるなかでは、初めて複数シャッパによる選挙で選任したのが現体制だ。
 森口新会長は、冒頭あいさつにあたり、「援協は一つの家族」と例え、「日伯病院のような大きなものもあれば、奄美事業所のように遅く生まれた家族もある。兄弟の中でどれが一番かでなく、仲良くしていくことが大事。援協が日系社会の中でどれだけ活動、活躍していけるか、職員、理事として誇りを持って、仕事に取り組んでもらいたい」と役員らに呼びかけた。
 役員会では、酒井清一前会長を日伯友好病院経営委員会の相談役に役付けることと、各専門委員会の委員長や委員が承認された。
 また、スザノ・イッペランジャホームにあるダリア園の整備を進め、毎年三月に同ホームで開催されるダリア祭りをさらに活性化させるため、日本一のダリア園をもつ山形県川西町との関係強化を目指すことが話し合われた。
 県人会の協力を得、山形県に研修人材の派遣を申請し、種いもの手入れや花の世話、新しい品種の取り入れなどを行いたいという。「ダリアを利用して、地域とのつながり、祭りなどによる収入も見込めるのではと」と、具志堅茂信事務局長は説明した。
 やすらぎホームの改修についても、前役員会の承認を受け、これから委員会を組み、予算の作成が行われることが報告された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■木原好規2019年1月30日 ■訃報■木原好規  和歌山県人会で長年会長を務めてきた木原好規さんが28日、癌のため亡くなった。享年82。葬儀は29日、市内アルピーナ火葬場で行われた。  木原さんは和歌山県紀の川市出身で、1960年に渡伯した。竹中商会に長年務め、和歌山県人会では05年から5期10年にわたって会長を務 […]
  • 山形県人会=創立65周年盛大に祝う=吉村知事「県人移民は誇り」=海外技術研修員は交流の要2018年10月30日 山形県人会=創立65周年盛大に祝う=吉村知事「県人移民は誇り」=海外技術研修員は交流の要  1907年、笠戸丸移民に先駆けて当地へ渡った鈴木貞次郎氏を筆頭に、5826人もの山形県人が移民政策によって当地へ渡った。53年、会員同士の親睦と相互扶助を目的にブラジル山形県人会が設立され、当初91人だった会員は現在では400人以上に増加した。21日には県人会創立65 […]
  • 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人2018年7月17日 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人  2018年度外務大臣表彰の受賞者が、本日発表された。ブラジル日本移民110周年を迎える今年は、在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在マナウス総領事館、在レシフェ総領事館、在ポルトアレグレ領事事務所から、例年を上回る計37人の個人・団体が選出された。主な受賞者とその功 […]
  • ■今週末の催し2018年4月26日 ■今週末の催し  28日(土曜日)  サンパウロ日伯援護協会定期評議員会、午前9時半、援協本部ビル神内ホール(Rua Fagundes, 121, Liberdade)      ◎  1959年4月23日サントス港着あめりか丸第42回同船者会、午前10時半、文協ビル県連会議室(Rua […]
  • 日系代表4団体が法務省に意見=「四世にも三世と同じ条件で」=(1)2018年2月28日 日系代表4団体が法務省に意見=「四世にも三世と同じ条件で」=(1)  日系四世に就労可能な日本での在留資格を与える新制度、四世ビザ問題について、日本国法務省がパブリックコメント(意見公募)を先月23日から1ヵ月間、公募した。それに対し、ブラジル日系社会を代表する関連4団体が、次に掲載する意見書を日本国法務省に提出した。コロニアの将来を考 […]