ホーム | 日系社会ニュース | 元日=ブルーツリーホテル新年会=おせち料理を百人が堪能

元日=ブルーツリーホテル新年会=おせち料理を百人が堪能

おせち料理

 サンパウロ市のブルーツリー・プレミアム・パウリスタで、恒例の「正月のおせち料理」と多国籍ビュッフェの特別サービスが元日の午後に実施され、日系人や駐在員を含む約百人の来場客が新年の幕開けを楽しんだ。食事中には『令和』を祝うショーも行われ、美しい音色に聴き入った。
 野口泰在サンパウロ日本国総領事も訪れ、「元日にブルーツリーの新年会に参加し、おせち料理を食べられることを嬉しく思う。今年いよいよ開催される東京五輪が成功し、日本とブラジルの懸け橋がより強固なものとなりますように」と述べ、乾杯の音頭を取った。

ショーの演奏者とホテル関係者ら

 おせち料理は、一皿に黒豆、田作り、蓮根、栗きんとん、昆布巻、紅白なますなどが綺麗に盛り付けられ、正月らしくお雑煮も振る舞われた。有名和食レストラン「藍染」シェフで、日本食普及親善大使の白石テルマさんが腕によりをかけて用意した。
 食事中には、フルート奏者で津軽笛大使のひろみさん、ピアノ伴奏を担当した足立弘子さんが「花」などの日本の曲を演奏。
 さらに、ひろみさんのソロ演奏や、吉田エリザベッチさんのピアノ伴奏に合わせ、足立さんが日本の景色を思い起こさせる「夏の思い出」などを朗々と歌い上げた。
 途中で「東京五輪音頭」や新天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」の映像も流れ、最後には、ひろみさんが音源から譜面に起こした嵐の奉祝曲「Ray of Water」が披露された。
 本紙を読んで今年初めて友人と来場したという金谷弘子さん(84、東京都)は「日本人だから正月にはやっぱりおせち料理が食べたかった。今日は友達と過ごせて楽しかった」と喜びを語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 暁星学園の「最後の同窓会」?=岸本昂一夫妻に感謝の言葉=『南米の戦野に孤立して』ポルトガル語版も2019年12月6日 暁星学園の「最後の同窓会」?=岸本昂一夫妻に感謝の言葉=『南米の戦野に孤立して』ポルトガル語版も  戦前戦後にかけて多くの大学進学者を輩出した暁星学園とその勤労部卒業生の「最後の同窓会」が11月17日(日)昼から、サンパウロ市セルケイラ・セザール区の高級マンションのイベント室で開催され、同窓生と岸本家ら約40人が集った。冒頭、同窓会世話人であるコレジオ・ブラジリア創 […]
  • サッカー=サンパウロ杯で敗退決定=三浦泰年監督のソコロチーム2020年1月11日 サッカー=サンパウロ杯で敗退決定=三浦泰年監督のソコロチーム  若手サッカー選手の登竜門と呼ばれる「コッパ・サンパウロ」(Copa Sao Paulo de Futebol Junior de 2020)で、三浦泰年氏がブラジルで初めて日本人として監督に就任したクラブチーム「ソコロ(Socorro […]
  • 安永忠邦さんが白寿祝い=全伯から一族232人が参集=「ブラジルに生まれて良かった」2020年1月10日 安永忠邦さんが白寿祝い=全伯から一族232人が参集=「ブラジルに生まれて良かった」  “移民の父”上塚周平の晩年を知る安永忠邦さん(98、二世)の白寿の誕生日会が4日午前11時半から、忠邦さん宅で開催された。サンパウロ州プロミッソン市の上塚植民地の自宅農園で生まれ育ち、今もそこに住む。北はアマゾナス州マナウス、南はパラナ州マリンガなど全伯から集った親族 […]
  • 修養団=講師・中山貴生さん来伯=サンパウロ、パラナで講習会開催2020年1月10日 修養団=講師・中山貴生さん来伯=サンパウロ、パラナで講習会開催  ブラジル修養団連合会(桜井仁会長)は、日本から中山貴生さん(42、大阪府)=三重県在住=を講師に招き、サンパウロ、パラナ両州の6都市で、子ども向けに心身の成長を目的とした講習会を開催している。中山さんとブラジル支部の桜井会長、蓮沼芙美雄第1副会長が、8日に来社した。 […]
  • ■尋ね人■佐野忠治さんの家族2020年1月10日 ■尋ね人■佐野忠治さんの家族  日本在住の倉田ゆうこさん(旧姓鈴木)が、ブラジルに移住した祖母よしこさんの兄・佐野忠治(ちゅうじ)さんの娘よねさん家族と、息子の英夫さん家族を探している。  佐野忠治さんは1908年7月6日生まれ、千葉県館山市出身。28年12月29日に神戸港から鎌倉丸で出発し、29 […]