ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2007年5月3日付け

 開催まで三カ月を切ったフェスティバル。今年は衛生局の指導も厳しくなるようで、同イベントがそれだけ社会的に認知されるようになった表れか。今年は例えば、食材などを洗う場所と調理担当者が手を洗う場所を分ける必要が出てくるという。新潟のもちや、福井のそばなど、食べ物に手を触れる料理を出す県人会からは不安の声も出ていたが。
     ◎
 日本ポップカルチャーを紹介した本「JAPOP」。著者の佐藤クリスチアネ女史は「日本のファッションも海外から見れば、面白い」。日本はヨーロッパ諸国に比べ、伝統的に多くの色の組み合わせを使うという。「同系色や二色でなくて、三色、四色を重ねて使う」。また、「戦隊アニメの五人組のリーダーは日本では、必ず赤なのよね。外国では黒か青が選ばれるんだけど」。比べられて初めて気付くことは多い。
     ◎
 五、六日に日本館で行なわれる「こどもの日」イベント。今回は大人三、子供二レアルの有料となった。これには治安上の問題に加えて、入館者のスペース確保の意味もあるという。というのも、〇四年にサンパウロ市四百五十周年、日本館誕生五十年を記念して無料開放した際、いずれも六千人以上の人が詰めかけ、パンクするほどのにぎわいを見せたためだとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]