ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

2007年5月11日付け

 NHKの連続テレビ小説の題名「どんど晴れ」は「めでたし、めでたし」「これでお終い」といった意味である。東北地方の主として南部地方で、お年寄りが孫に昔話をしてやったときの締めくくりがこの言葉だ▼筆者も父方の祖母からきいた。岩手秋田の県境の寒村の冬の夜、藁布団にくるまり、耳にした祖母の発音は「どっと払え」というふうだった。特にどういう字をあてるかは定まっていないのではないか。「どんど晴れ」は脚本作者の創作であろう▼ドラマでは一番お年寄りの世代がやわらかな南部方言を話している。若い層は、ドラマでも現実でも、方言はほとんど使わない。テレビの普及による日本語の画一化のせいである。NHKのど自慢の出場者たちの話だけを聞いていると、どの地方で開催されているのか、まったく見当がつかないほどだ▼コロニアで方言に大切にしようとしているのは、沖縄県人である。方言だけの演劇も試みる。もし、三世や四世が訪沖し、祖父母や曾祖父母にあたる年代の人たちに沖縄方言で話しかけたら、どんなにか喜ぶことだろう。方言保存継承の成果は、下世話ではそう表れるが、志すところは「言語文化を大事にしよう」だろう▼だが、現実はきびしい。沖縄県人の子孫たちは、まず日常ポ語を話さなければならないし、日本語学習となれば、標準語だろうし、方言への取り組みにはなお一層の努力が要る。方言保存は、推進者が「事業」としてすすめなければ成就は難しいようである。(神)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 学習者の3分の1が非日系?!=質的な変化とげる日本語教育=増える初等中等教育の生徒2019年2月9日 学習者の3分の1が非日系?!=質的な変化とげる日本語教育=増える初等中等教育の生徒  2014年には2万人を切っていた全伯の日本語学習者が、わずか3年間で3080人も増え、2017年には2万2993人になっていたことが、国際交流基金サンパウロ日本文化センター(洲崎勝所長)の調べで分かった。また全学習者の3分の1が非日系人になっている可能性があり、その分 […]
  • 大失敗?! 四世受入れ制度=目標4千人なのに、まだ数人…=(上)=「年齢、帯同不可は厳しすぎ」2018年12月14日 大失敗?! 四世受入れ制度=目標4千人なのに、まだ数人…=(上)=「年齢、帯同不可は厳しすぎ」  「日本文化を習得する活動等を通じて日本に対する理解や関心を深め、日本と現地日系社会との懸け橋となる人材を育成する」ことを目的とし、7月から施行された日系四世受入れ制度。開始から5カ月経ったが、同制度による査証発給数は1桁を超えていないようだ。来年3月までに4千人の日系 […]
  • 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室2018年12月1日 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室  日本語学校のスポーツが好きな13~17歳の生徒が参加する『聖南西青空スポーツ教室』(聖南西教育研究会主催)が11月15日、ピラール・ド・スール文化体育協会のグランドで開催された。  年に5つある生徒参加地区行事の中でも、12月に行われる林間学校とともに生徒がとても楽 […]
  • 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表2018年11月9日 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表  第9回ブラジル三州パラグアイ交流日本語お話大会が10月27日、パラナ日伯文化連合会で開催された。パラナ日伯文化連合会主催、パラナ日本語教育センター実施、在クリチバ日本国総領事館、国際交流基金後援。  今大会ではパラグアイの日本語学校は欠席となったが、パラナ州から8校 […]
  • ■ひとマチ点描■くまモン、次はいつ?2018年11月7日 ■ひとマチ点描■くまモン、次はいつ?  人気者くまモンを歓迎のために、ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)では、1時間も前から日本語学習者の子供や青年ら100人が集まり、くまモン体操の練習に汗を流していた。 […]