ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2007年5月12日付け

 女性議員に「あなたのようなブスでは売春婦になっても、男たちが寝てくれない」と侮辱したクロードヴィル下議は、ギア都市計画相を訪ねた。
ク「閣下のために、特製スーツをデザインして差し上げましょうか」
ギ「わしの給料は、八〇〇〇レアルなんだヨ。とても、あんたのスーツなんか着られないヨ」
ク「八〇〇〇じゃ、ズボン代にもならないネ」
     ◎
 犯罪組織州都第一コマンド(PCC)がサンパウロ州各地で昨年五月から八月にかけて三度に渡り警察署などを襲撃した事件からまもなく一年。しかし、捜査は進展せず、八七件の取り調べのうち犯人が特定されたのは一四件。さらにPCCの関与が証明されたのは六件のみ。逮捕された容疑者六二五人のうち一九一人が釈放された。
     ◎
 サンパウロ市西部ヴィラ・ジャグアラ区の商業ビルで十日午後、武装した二人組の男がテレフォニカに押し入り、従業員五人を人質に立てこもった。犯人らは軍警と交渉の末一時間半後に投降し、人質を解放。人質にけがはなかった。犯人は二日前にもガソリンスタンドで強盗を働いた疑い。
     ◎
 軍警二人を射殺した犯人の捜査を目的にリオデジャネイロ市北部のファベーラで展開されている作戦は十日で九日目に入り、総計で死者十人、けが人三十八人に。
     ◎
 サンパウロ州で一九九〇年から昨年九月まで六件しか発生していなかったマラリアが、昨年十月から今年三月までに六十七件と急増した。確認されたのはサンパウロ市南部を中心に他五市。死者や症状の重い人はいない。保健局は、森林伐採と発生を報告するシステムの改善を理由に挙げている。

image_print

こちらの記事もどうぞ