ホーム | 日系社会ニュース | 老ク連「開拓の記憶」=〃ふるさとの旅〃へ=連載(3)=リンス、〃寺〃が元気=若者が集まる、親も安心

老ク連「開拓の記憶」=〃ふるさとの旅〃へ=連載(3)=リンス、〃寺〃が元気=若者が集まる、親も安心

2007年5月24日付け

 カフェランジア、プロミッソンでの墓参りを終えた老ク連一行は、再びリンスへ向かう。リンス慈善文化体育協会(安永和教会長)の好意により、参加者らと文協の会員らが交じって、カラオケで交流する場が設けられたからだ。
 文協サロンでは別の予約があったため、一行は、真宗本派リンス本願寺(岡山智浄住職)にとおされた。現地文協から五十人近くが集まり、一行を迎える。
 「行くことを知らせたら、『全部こっちで用意します』って。本当にありがたいことだった」と、上原玲子老ク連事務局長はリンスでの歓迎ぶりを何度も喜んでいた。
 智浄住職は、「時代は三世、四世と変わってきましたが、ふるさとは後世にとっても、やはりふるさと」。先達者が後に伝え、後者は先達者を尋ねなくてはならないことを説き、「今日、みなさまは〃尋ねること〃をしました。これから、後世に伝え教えていってください」とあいさつ。その後、隣接するサロンで交流会が始まった。
 参加者らはサンパウロからテープを持ち込んで、地元メンバーと交互にカラオケを披露。文協老人会会長の仲野隆さんは「ここでもいつも歌って踊ってます」とほほえましそうに笑顔を見せる。毎年行われる、三線七都市老人クラブ・カラオケ大会(バウルー、ガルサ、マリリア、オウリーニョス、ツパン、バストス、リンス)も、今年で二十九回目を数えるという。
 カラオケの合間には、光輪青年会(寺の青年部)の面々による、華麗なよさこいソーラン。
 「お寺の日本語学校には百人くらい生徒がいるんですね。お寺だと親も安心するし、花も寄付もどんどん来ます」と仲野さん。寺が栄えるようになったのはここ十年くらいで、寺同士のつながりを通じて踊りの指導者を呼び、教室を開いて、婦人部や青年会をまとめているという。
 一方、文協の日本語学校は生徒がおらず、活動停止状態。仲野さんは「岡本さんはやり手だからね」と苦笑いを見せながら、「日系のリーダーを残すにはやり手が必要。文協は文協でやれることをやります。いつもお寺と文協は一緒にありますから」。文協では、運動会や母の日、農産品評会などを行い、〃日本文化的〃な部門は指導者不足から、寺が中心になっていると、説明した。
 昨年、入植九十周年を迎えたリンス。百周年祭の予定を尋ねると、安永文協会長は「文協と市が話し合って、二つのプロジェクトを進めています」。
 一つは、文協にある資料館を拡張する。貴重な地域の保存資料はその数、一千点以上。六、七年前に自発的に委員会を発足させ、一軒、一軒尋ね歩いて、資料を集めた。「今、残さないといけませんよね」と安永さん。
 二つ目は、記念碑を市の広場に作る計画がある。「(正式な)百周年委員会はこれからですけどね」。
 舞台は続き、夜は更け、最後は皆で大きな輪をつくって、盆踊りで締めくくる。一行は、リンスでの歓迎に感謝を述べ、会場を後にした。ようやく長かった一日が終わろうとしていた。(つづく、稲垣英希子記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サンパウロ市地下鉄=利用者減で17億レの損失=本数減り、待ち時間拡大=職員接種求めて20日にスト2021年4月16日 《ブラジル》サンパウロ市地下鉄=利用者減で17億レの損失=本数減り、待ち時間拡大=職員接種求めて20日にスト  新型コロナの影響による利用者減少などで、2020年のサンパウロ市の地下鉄の収益は17億レアルの損失を出し、運行本数減少などを余儀なくされたと1、13日付伯字紙、サイトが報じた。  新型コロナ感染への恐怖心や、在宅勤務や在宅と職場勤務を組み合わせたハイブリッドと呼ばれ […]
  • 《ブラジル》麻酔などの薬不足深刻化=入院拒否や患者を縛る病院も2021年4月16日 《ブラジル》麻酔などの薬不足深刻化=入院拒否や患者を縛る病院も  重症の新型コロナ感染症患者に人工呼吸器を装着する際に必要な薬品などが不足し、重症者の受け入れを拒否または制限する病院などが出ていると13~15日付現地紙、サイトが報じた。  重症化した新型コロナ感染症患者の増加は、集中治療室(UTI)の占有率上昇だけでなく、医療従事 […]
  • 東西南北2021年4月16日 東西南北  14日、アルゼンチン政府が、ブエノス・アイレス都市圏の外出規制を16日から強化すると発表した。それによると、20時から翌朝6時までは外出禁止となり、文化、宗教、社会、スポーツ関連の行事が禁止となる。サンパウロ州で現在行っているものと似たような感じか。同国政府によると、「この1 […]
  • サンパウロ市=配達員を装った強盗多発=パライゾやサウデなどで2021年4月16日 サンパウロ市=配達員を装った強盗多発=パライゾやサウデなどで  アイフード等のデリバリー配達員を装った強盗がサンパウロ市で多発している。4月6日(火)午後4時にはパライゾ地区で、デリバリー配達員を装った男2人組が犬の散歩中の人に拳銃をかざし、携帯電話を強取する事件が発生。同日に在聖総領事館も注意喚起を促すメールを送信している。 […]
  • 《ブラジル》母に感謝して掃除婦姿で大学卒業式に=話題呼んで大学院奨学金の申し出も2021年4月15日 《ブラジル》母に感謝して掃除婦姿で大学卒業式に=話題呼んで大学院奨学金の申し出も  貧困層が主に就業する掃除婦をしながら、娘の学費を稼いで大学を卒業させた母への感謝の気持ちから、母がいつも使っているユニフォームを着て大学卒業式に出席した女子学生が話題になり、大学から奨学金を受け取って大学院に進む事になった。  「ベッカ」と呼ばれる卒業式用の衣装を着 […]