ホーム | 日系社会ニュース | トヨタもフレックス車投入へ=日本勢ではホンダに続き=カローラなど二車種で販売開始

トヨタもフレックス車投入へ=日本勢ではホンダに続き=カローラなど二車種で販売開始

2007年5月25日付け

 ブラジルトヨタ(長谷部省三トヨタメルコスール社長、Toyota do Brasil Ltda)は、バイオエタノール、ガソリン、両方を混ぜた混合燃料に対応するフレックス仕様のカローラ、フィールダーの生産、販売に関する発表会をサンパウロ州グアルジャー市のホテルで二十二日、全伯のメディア関係者約百人を集め、行なった。フレックス仕様車のブラジル生産は、日本勢ではホンダに続き二社目。すでに販売を開始している。日本のトヨタ自動車から森光信孝・BRエネルギー調査企画室シニアスタッフエンジニア、藤田博也・商品開発本部第二トヨタセンター製品企画チーフエンジニアが今回の発表のため来伯、トヨタ初のフレックス車を大々的にアピールした。
 このたび発表された『カローラFlex』および『カローラフィールダーFlex』はサンパウロ州インダイアツーバ工場で生産。今年度はカローラ三万四千台、フィールダーは九千台の生産・販売を目指す。
 発表会で長谷部社長は、過去十年間にブラジル、アルゼンチンに十億ドルを投資、今回のフレックス車の開発・生産ライン設置に千五百万ドルを投入したと話し、カローラエンジンの品質を保ちながら、環境を重視したフレックス車の完成に自信を見せた。
 現在、トヨタが世界で生産する全てのガソリンエンジン車にバイオエタノール混合率一〇%の燃料使用が可能だが、混合率一〇〇%にも対応する車両を市場投入するのは、今回が初めて。
 一・八リットルガソリンエンジンのカローラ、フィールダーの燃料系、エンジン仕様をフレックス対応にしたもので、加速度、動力性能も改良されている。販売価格はそれぞれのバージョンによって異なり、約五万六千~七万九千レアル。
 森光氏は、フレックス車の環境に与える影響などを日本での例を出しながら説明、「これからも省エネを実現した究極のエコ化を目指す」ことを宣言、トヨタが提唱する「適時、適地、適車」を強調した。
 藤田氏は、アルコール一〇〇%に対応する車両生産を行う唯一の国であり、八〇%をフレックス車が占めるブラジルの状況を前置きしながら、今回のフレックス車の加速度、始動性、安全性などを専門的に説明、多くの主要部品に伯製品を使用していることを強調した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2012年6月1日 国家事業救った8人の侍=知られざる戦後移民秘話=第4回=国家の命運掛けた大工事=植木動力大臣が特別任命  日本の高度経済成長は1955年から石油ショックが起きた73年まで20年近く続いたが、ブラジルでは68年から73年までの5年間だった。年率10%以上の経済成長を記録したその期間を〃ブラジルの奇跡〃と呼ぶ。 […]
  • 商議所部会長シンポ=不透明感に細やかな対応を=(下)2012年2月24日 商議所部会長シンポ=不透明感に細やかな対応を=(下) ニッケイ新聞 2012年2月24日付け  貿易部会の伊藤友久(ともひさ)部会長(住友商事)は、ブラジルは輸出入ともに増加しており、対内投資いずれも過去最高を記録していると報告した。11年の輸出産品の47・%は一次産品(鉄鉱石、原油、大豆、珈琲)などが好調だが、続く工業 […]
  • どうなる2010年ドーハ・ラウンド=締結にはほど遠い?=伯農産物が世界席捲か2010年1月1日 どうなる2010年ドーハ・ラウンド=締結にはほど遠い?=伯農産物が世界席捲か ニッケイ新聞 2010年1月1日付け  WTO(世界貿易機関)のロベルト・アゼヴェード伯大使が「2010年における通商協定の見通しは余り成果を期待できないが、制限付きの通商交渉を覚悟しなければならない。22カ国で結成した南米途上国連合の間で2カ国間の個別交渉が成立する位で […]
  • 【特集】商議所・業種別部会長シンポ 2008年2008年9月4日 【特集】商議所・業種別部会長シンポ 2008年 ニッケイ新聞 2008年9月4日付け 順調に伸びる国内市場=全般に「好調」の業界多く=米国発不況の影響小さい=レアル高で苦境の分野も  ブラジル日本商工会議所恒例の業種別部会長シンポジウムが8月7日に、「08年上半期の回顧と下半期の展望」をテーマにサンパウロ市内ホテルで […]
  • 2008年2月9日 祝・トヨタ・ド・ブラジル50周年 ニッケイ新聞 2008年2月9日付け トヨタ・ド・ブラジル=ブラジル進出半世紀を祝う=ルーラ大統領「さらなる経済交流を」=豊田章一郎名誉会長、4人の元社長らも列席  「更なる将来の発展を」―――。ブラジル進出50周年を迎えたトヨタ・ド・ブラジル(長谷部省三社長)の記念セ […]