ホーム | 日系社会ニュース | 老ク連、「開拓の記憶」=〃ふるさとの旅〃へ=連載(5)=ダムに沈んだ移住地=P・バレット=〃亡き吊り橋〃にも感慨

老ク連、「開拓の記憶」=〃ふるさとの旅〃へ=連載(5)=ダムに沈んだ移住地=P・バレット=〃亡き吊り橋〃にも感慨

2007年5月26日付け

 「原始林を焼きはらって真っ黒に焼けたところを片付けてた。道中で母を亡くしたけど、その時にはもうここの土地を買ってたから来たの。今までで一番嫌なところ。思い出したくもない」。
 森とし子さん(84、サンパウロ中央老荘会)は、一九三五年から三六年にかけての約一年間を、チエテ移住地で過ごした。十二歳のころだ。「苦労ばっかりで。夢みたいだったわ。すぐに出たの」。
 四月三十日、老ク連一行は、ペレイラ・バレット(元チエテ移住地)を流れる、チエテ川にかかる橋の上にいた。天気は快晴、心地よい風が吹く。一九九〇年に作られた二千百二十二メートルの橋だ。参加者らは、「前の橋はどのへんにあるのかしら」と水面を覗き込んだ。
 最初の移民が同地に到着したのは、一九二八年八月九日。新開拓地だったために今のように橋はなく、小舟に乗り込んで川を渡っていたという。
 一行は日程を変更してペレイラ・バレット移民資料館に移動し、急遽駆けつけたクスダ・ヨシオ館長、マスダ・イサオ副館長の説明を受けた。
 二七年に、のちにブラジル拓殖組合の指導者の一人になる梅谷光貞氏が来伯、「新しい街を作ろう」と、約四万六千アルケールの土地を買って、人を集め、十アルケールずつが割り当てられた。ルッサンビーラ駅で下車。アリアンサ行きかチエテ行きに分かれる。
 「政府がカフェ生産を禁止していたので、ここでは綿が作られたんです。川のそばで暑くなるから、チエテ川沿いはマラリアがひどかった。植民地はそれぞれ小川に沿って、上の方に作られました」とクスダさん。
 一九三四年、日本政府が八百コント、ブラジル政府が四百コントを支出して、高さ二十五メートル、幅七メートル半の吊り橋『ノーボ・オリエンテ』が建設された。マスダさんは金色のバッジを取り出し、「『繁栄』の意味をこめて、日本から稲の形のバッジが贈られたんです」と微笑んだ。
 一九三六年時点での入植者数は、千三百六十家族。三五年三月時点でのチエテ移住地図には、家長名と、直線で区画整備された畑、第一市街地と第二市街地の位置が明確に記されている。
 森さんは地図をのぞき込み、「ここにいたんだよ」と旧姓の「梅田」と書かれている敷地を指差した。
 「第三市街地でセントロから二キロいったとこ。今は家一軒もない。さとうきび畑にでもなってるんじゃないかな」。以前、弟とともに同地を訪れたときには「川底に沈んだ橋を見た」ともの寂しげに話した。
 一九九〇年七月にダムを閉め、十二月には「全てが水に浸かった」。吊り橋も「あっという間に沈んだ」とマスダさん。
 日本人は四十家族ほどが立ち退き、文協も、現在のチエテ川沿いに新たな土地の寄付を受けて移動した。
 十五のゲートボール・コートが整備され、体育館、野球場、陸上競技場がある。約四百家族が活動し、「若い人も古い人も混ぜて、みんなでやっている」とマスダさんは話した。
 川のほとりで行われるペレイラ・バレットの盆踊りは盛大で、マット・グロッソ・ド・スル州からの参加者を多く数える。文協の敷地内には専用の常設会場があり、彩り華やかに飾られて毎年、祭りを迎える。今年も八月末に開催される予定だ。
(つづく、稲垣英希子記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サンパウロ市地下鉄=利用者減で17億レの損失=本数減り、待ち時間拡大=職員接種求めて20日にスト2021年4月16日 《ブラジル》サンパウロ市地下鉄=利用者減で17億レの損失=本数減り、待ち時間拡大=職員接種求めて20日にスト  新型コロナの影響による利用者減少などで、2020年のサンパウロ市の地下鉄の収益は17億レアルの損失を出し、運行本数減少などを余儀なくされたと1、13日付伯字紙、サイトが報じた。  新型コロナ感染への恐怖心や、在宅勤務や在宅と職場勤務を組み合わせたハイブリッドと呼ばれ […]
  • 《ブラジル》麻酔などの薬不足深刻化=入院拒否や患者を縛る病院も2021年4月16日 《ブラジル》麻酔などの薬不足深刻化=入院拒否や患者を縛る病院も  重症の新型コロナ感染症患者に人工呼吸器を装着する際に必要な薬品などが不足し、重症者の受け入れを拒否または制限する病院などが出ていると13~15日付現地紙、サイトが報じた。  重症化した新型コロナ感染症患者の増加は、集中治療室(UTI)の占有率上昇だけでなく、医療従事 […]
  • 東西南北2021年4月16日 東西南北  14日、アルゼンチン政府が、ブエノス・アイレス都市圏の外出規制を16日から強化すると発表した。それによると、20時から翌朝6時までは外出禁止となり、文化、宗教、社会、スポーツ関連の行事が禁止となる。サンパウロ州で現在行っているものと似たような感じか。同国政府によると、「この1 […]
  • サンパウロ市=配達員を装った強盗多発=パライゾやサウデなどで2021年4月16日 サンパウロ市=配達員を装った強盗多発=パライゾやサウデなどで  アイフード等のデリバリー配達員を装った強盗がサンパウロ市で多発している。4月6日(火)午後4時にはパライゾ地区で、デリバリー配達員を装った男2人組が犬の散歩中の人に拳銃をかざし、携帯電話を強取する事件が発生。同日に在聖総領事館も注意喚起を促すメールを送信している。 […]
  • 《ブラジル》母に感謝して掃除婦姿で大学卒業式に=話題呼んで大学院奨学金の申し出も2021年4月15日 《ブラジル》母に感謝して掃除婦姿で大学卒業式に=話題呼んで大学院奨学金の申し出も  貧困層が主に就業する掃除婦をしながら、娘の学費を稼いで大学を卒業させた母への感謝の気持ちから、母がいつも使っているユニフォームを着て大学卒業式に出席した女子学生が話題になり、大学から奨学金を受け取って大学院に進む事になった。  「ベッカ」と呼ばれる卒業式用の衣装を着 […]