ホーム | 連載 | 2007年 | 拓魂=県連・ふるさと巡り=汎ソロの移民史名所を訪ねて | 拓魂=県連・ふるさと巡り=汎ソロの移民史名所を訪ねて=連載《7》=コロニア・ピニャール=立派な日本語図書館が誇り=「息子が農業継ぐ家ばかり」

拓魂=県連・ふるさと巡り=汎ソロの移民史名所を訪ねて=連載《7》=コロニア・ピニャール=立派な日本語図書館が誇り=「息子が農業継ぐ家ばかり」

2007年6月12日付け

 ソロカバのホテルに一泊したふるさと巡り一行は最終日の五月十九日午前八時過ぎ、六十キロ先の聖南西のコロニア・ピニャールへ向かった。
 折からの豪雨にたたられ、コロニア・ピニャール文化体育協会では会館によらずに青年図書館へ。徳久俊行会長(53、福岡県)によれば、同地は地理的にはサンミゲール・アルカンジョ市の一区だが、今でも移住地(三百六十アルケール)内の土地は全て日本人が所有しているという形態を保っている。
 「ここは息子さんがあとを継いで農業をやっている家ばかり」と徳久会長は特徴を説明する。「もともとは観光で来た」という変わり種の同会長は東京農大卒で七八年から在住、来年で三十年目になる。
 日系は五十六家族で、うち四十八家族が会員になっている。「福井村」と言われる同地には福井県人が十家族いるという。
 『聖南西文化体育連合会の半世紀』によれば、最初の入植は六二年の福井県人三家族、翌六三年に文協が創立された。
 現在の主な作物は富有柿、祇園坊柿、ビワ、ブドウ、梨など。ブドウ祭りを毎年二月にサンミゲルと一緒に行うほか、十月の日本祭り(盆踊り)、新年会、運動会などが主な行事だ。
 元会長の西川修治さん(59、福井県出身)は、「来年は移民百周年と入植四十五周年を記念して、(移住地の)入り口のところに公園を作りたい」という。広さは五十メートル四方ていどで、市の協力により公園にすること自体は決定済みだが、詳細を詰めている段階。リベルダーデにあるような大鳥居を設置したい、との希望をもつ。「来年六月にイナウグラソンしたい」。
 同地の誇りは、日本語モデル校と日本語図書館だ。
 東京在住の天野鉄人さんの全面的な協力で八二年に建設されたこの青年図書館(越智勝治館長)。館長によれば所蔵する日本語図書は七万五千冊、ビデオは二千本でコロニア屈指の規模を誇る。宿泊施設も付随しており、すでにボーイスカウト、聖南西の日本語生徒らの林間学校、モジの大学生などが泊まり込みで合宿に使っている。
 屋根を支える太い梁を指さしながら、越智館長は「当時、アマゾンから特注の太いイッぺー材を買ってきたので、今もクッピン(シロアリ)が寄りつかない。今じゃこんな木材は手に入らない」という。
 寄宿舎を二倍に拡張する工事を現在進めており、やはり来年オープンを目指している。建設資金二十万レアルの全額は、天野さん負担。現在でも雑魚寝なら百人は泊まれるという。西川前会長も「我々は天野さんに恩義があるから協力している」と公言する。
 西川さんは「南伯雇用青年」という珍しい制度で移住してきた。南伯農産組合中央会が福井県などと企画した移住制度で、一九六四年から五年ほどの間に、同県から八人が入り、五人が土地に入植した。西川さんはその第一陣だったという。
 コチア青年がなくなったあと行われた制度で、伯当初は南伯の組合員の農場に二~三年契約で入り、パトロンの後押しで独立するというほぼ同様の仕組みをとった。西川さんのように福井県出身者は、同コロニアに入植するのに土地代が免除されるなどの特典があったという。
 図書館内で一行は、同地婦人部が作ってくれたボーロやサウガードを賞味し、興味深く話を聞いた。雨の中、急ぎ足でバスに戻り、次の目的地ピラール・ド・スルへ向かった。 (深沢正雪記者、つづく)

拓魂=県連・ふるさと巡り=汎ソロの移民史名所を訪ねて=連載《1》=アルバレス・マッシャード=埋葬者の3分の1が幼児=日本人墓地で開拓初期偲ぶ
拓魂=県連・ふるさと巡り=汎ソロの移民史名所を訪ねて=連載《2》=アルバレス・マッシャード=「涙が止まらなかった」=当初は畑の隅に子供を埋葬
拓魂=県連・ふるさと巡り=汎ソロの移民史名所を訪ねて=連載《3》=プ・プルデンテ=奥ソロ初の中学校設置=独自の図書館や史料室も
拓魂=県連・ふるさと巡り=汎ソロの移民史名所を訪ねて=連載《4》=オウリーニョス=「毎日会館集まって活動」=45年ぶりの同航者再会も
拓魂=県連・ふるさと巡り=汎ソロの移民史名所を訪ねて=連載《5》=オウリーニョス=話題のエタノール工場見学=5千人が働けど中規模
拓魂=県連・ふるさと巡り=汎ソロの移民史名所を訪ねて=連載《6》=ソロカバ=名物「餃子汁」に舌鼓=恵まれた施設と人材誇る

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • 今年は戦後移住50周年=7つの行事を用意=実現へ向け実行委が大奮闘=100年祭へのステップに2003年1月1日 今年は戦後移住50周年=7つの行事を用意=実現へ向け実行委が大奮闘=100年祭へのステップに 2003年1月1日(水)  今年、二〇〇三年は戦後移住が始まって五十年目に当たる。戦後移住五十周年記念祭実行委員会(中沢宏一委員長)は昨年から会合を開くなど準備を重ね、様々な記念事業をはじめとするイベントを計画している。「五年後に控えた日本移民百周年への大きなステップにし […]
  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 2014年8月18日 【安倍首相来伯特集】あいさつ 経済交流深化の気運を期待=ブラジル日本商工会議所 会頭 藤井 晋介 安倍首相来伯記念特別号の発行にあたり、ご挨拶申し上げます。 この度、10年ぶりに実現した首相来伯は、短いながらも内容は大変充実したものでした。首相は、8月1日に行われたブラジル経済界との意見交換会において、 […]