ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2007年7月19日付け

 コンゴーニャス空港惨事のニュースが入ったクリチーバ空港でTAMの支店長が訴えた。雨天の日の排水装置も完成していない、竣工早々の滑走路を使用するのは危険であったという。しかし、七月は休暇シーズンで乗客の激増と航空会社のかき入れ時である。空港整備公団(Infraero)は、その辺の事情を考慮して滑走路の使用を許可したらしい。果たして誰が責任を取るのか。
     ◎
 TAM航空機は九六年十月にもコンゴーニャス空港を離陸後二五秒で住宅街に墜落。住民三人を含む九十九人が犠牲となった。事故原因はブレーキシステムトラブルによる失速。昨年九月にはマット・グロッソ州を飛行中のGOL航空機が小型ジェットと接触し墜落、一五四人が死亡した事故が記憶に新しい。八二年にはVASP航空機がマラニョン州の山脈に衝突、死者一三七人。
     ◎
 リオ・デ・ジャネイロ市サントス・ドゥモン空港で十七日、二カ月前に落成した新ターミナルで午後三時頃に火災が発生、五八便の離着陸がトンジョビン空港へ変更された。
     ◎
 上院執行部は十七日、カリェイロス議長が提出した書類を連邦警察が調査することを全会一致で承認した。連警は二十日以内に議長の主張する牛の売買が事実かどうかを確認する予定。最後の最後まで議長は警察の調査を阻止すべく手を尽くしていた。
     ◎
 ウルグアイの輸入代理店が九月から中国製自動車(乗用車と小型トラックなど)をブラジルで販売する。乗用車「イデアル」の価格は二万三九八〇レアルで、フィアットのミレと同レベル。小型トラックは来年以降マナウスで生産開始予定。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減2017年5月23日 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減  ブラジルの自動車製造業界では07年以降、景気後退による売上激減や消費者の趣向の変化が起きており、古豪3社のシェアも激減したと22日付現地紙が報じた。  競合するメーカー出現と大衆車の需要減少は、スポーツタイプの車を愛好する消費者が増えた事などとも相まって、業界再編を促した。 […]
  • コリンチャンス選手が強盗被害=所持品などを盗まれる2018年5月4日 コリンチャンス選手が強盗被害=所持品などを盗まれる  コリンチャンスの若手選手が強盗被害に遭っていたことがわかった。 […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇2017年10月31日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇  そのため一極集中的に大都市や工業都市に人口集中を余儀なくされ、地方は過疎化し立ち遅れてしまった。  そこでその地域やそれぞれの地方の活性化を図る目的で全国3,300余の市町村に一率一億円を交付した。  そして自から考え自ら行う特殊事業でもって故郷の活性化・創生をはかること […]
  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]
  • 東西南北2017年3月11日 東西南北  サンパウロ市交通公社(CET)が9日に、1、2月にチエテ、ピニェイロスの両マルジナルで起きた交通事故の数を発表した。ドリア市政になって自動車の制限速度が緩和されて以来、初めての統計となったが、それによると、死者の出た交通事故はこの2カ月間に102件発生したという。昨年同期は5 […]