ホーム | 日系社会ニュース | パラナ平和友の会10周年=誇り、桜3千本育苗

パラナ平和友の会10周年=誇り、桜3千本育苗

2007年7月19日付け

 【ロンドリーナ】パラナ平和友の会(間嶋正典会長)が創立十周年を迎えた。記念行事の一環として、去る六月二十日、プリメイロ・デ・マイオ市にある同会副会長の谷口幸一さんの農場、および同市の観光地の見学をかねて小旅行が行われた。
 一行は三十二人。午前九時、ロ市を貸切バスで出発、七十二キロ走って、十時に到着した。早速、谷口邸で記念写真を撮り、「谷口サッカー場」を観る。サッカー場は谷口さんが地元文協に施設ごと寄贈したもので、文協が市に無料で貸し、市が運営している。
 次の視察は、毎年二回は近隣都市の住民や観光客を集めて農産物展やショーが行われる市営の遊園地。チバジー川を利用したダム湖が広がり、六キロ先でパラナパネマ河と合流する。遠望できる島は日系人の所有する農地で、今は主にロ市の有産者の別荘が並んでいるという。一行は遊園地内のレスタウランテで昼食、湖で獲れた新鮮な魚に舌づつみを打った。
 遊園地内には、平和友の会が育成した桜の苗が植えられ、六年もの六十本が、十日ほどで満開という状態だった。
 食後、谷口さんが経営する六農場のうち、町から三キロの五十アルケールの農場を視察したのち、再び谷口邸に戻り、友の会十周年の記念式典を開催した。谷口さんが「十周年記念行事が、ロ市から七十二キロも離れた当市で行われ、光栄」とあいさつ、戦没者、開拓先亡者の霊へ黙祷が捧げられ、友の会の会歌を合唱した。
 間嶋会長は「この十年間に亡くなられた会員は十八人にもなります。心からご冥福を祈ります。ロ市のアルツール・トーマス市営公園に植えた桜の苗木は、いろいろ障害もあって、成育が遅れていますが、私たちが育てた三千本は各地で順調に育っており、平和を理念とした桜の苗木育成は、今後とも続けたいと願っています」と述べた。
 「十年の歩み」回顧録は、来る八月の集いで配布されることが伝えられた。
創立当時から功績があった東口正さん(前会長)、故古田挌三郎さん(前副会長)、故原田定俊さん(前副会長)が表彰され、古田満智子さんが代表して受け取った。
 このあと余興。講談、電子オルガン演奏、即興浪曲、日本民謡、歌謡などで賑わった。最後に谷口さんの賞品提供でビンゴが午後五時まで行われ、一行はミーリョ畑が夕日に映える美しい観光地プリメイロ・デ・マイオをあとにした。   (中川芳則通信員)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2007年4月11日 大耳小耳 2007年4月11日付け […]
  • 今年もエスタード紙特集=日本移民記念で12頁も2007年7月19日 今年もエスタード紙特集=日本移民記念で12頁も 2007年7月19日付け  エスタード・デ・サンパウロ紙は十七日付けで「第三の波(ア・テルセイラ・オンダ)」と題した日本人移民の特集号(全十二ページ)を発行した。 […]
  • サクラセブンズ=サンパウロ州大会を10位で終える=酷暑の初日の3敗響く=スペインに快勝面目保つ=日本応援団も多数来場2016年2月23日 サクラセブンズ=サンパウロ州大会を10位で終える=酷暑の初日の3敗響く=スペインに快勝面目保つ=日本応援団も多数来場  サンパウロ州バルエリ市で20、21日、HSBCワールドラグビー女子7人制シリーズが開催された。12チームが参加するこの国際大会は、5カ月半後に迫ったリオ五輪本番を占う意味で重要な大会だ。初日こそ3連敗したが、二日目は1勝して10位で終わり、リオ五輪本番に向けた課題を浮き彫りに […]
  • 『ピンドラーマ』 10月号2015年10月17日 『ピンドラーマ』 10月号  コジロー出版社のブラジル情報誌『ピンドラーマ』10月号が発刊された。 「ブラジル版百人一語」「ブラジル社会レポート~夏本番、の前にブラジルの紫外線対策を~」に、役立ちアプリ情報やサッカー、グルメ、イベント情報も掲載。 日系書店、日本食店などで配布中。問い合わせは同出版社(11 […]
  • サンパウロ市伝統の一戦行われる=コリンチャンスが1-0で勝利2015年3月10日 サンパウロ市伝統の一戦行われる=コリンチャンスが1-0で勝利  8日、モルンビ競技場で、サンパウロ州選手権のサンパウロFC対コリンチャンス戦が行われた。サンパウロ市に本拠地を置くチーム同士の対戦は「クラシコ」と呼ばれ、サポーターも特別の敵愾心を燃やして挑む。 試合は前半早々動いた。敵陣でスローインからのボールを受けたコリンチャンスのゲ […]