ホーム | 日系社会ニュース | パラナ平和友の会10周年=誇り、桜3千本育苗

パラナ平和友の会10周年=誇り、桜3千本育苗

2007年7月19日付け

 【ロンドリーナ】パラナ平和友の会(間嶋正典会長)が創立十周年を迎えた。記念行事の一環として、去る六月二十日、プリメイロ・デ・マイオ市にある同会副会長の谷口幸一さんの農場、および同市の観光地の見学をかねて小旅行が行われた。
 一行は三十二人。午前九時、ロ市を貸切バスで出発、七十二キロ走って、十時に到着した。早速、谷口邸で記念写真を撮り、「谷口サッカー場」を観る。サッカー場は谷口さんが地元文協に施設ごと寄贈したもので、文協が市に無料で貸し、市が運営している。
 次の視察は、毎年二回は近隣都市の住民や観光客を集めて農産物展やショーが行われる市営の遊園地。チバジー川を利用したダム湖が広がり、六キロ先でパラナパネマ河と合流する。遠望できる島は日系人の所有する農地で、今は主にロ市の有産者の別荘が並んでいるという。一行は遊園地内のレスタウランテで昼食、湖で獲れた新鮮な魚に舌づつみを打った。
 遊園地内には、平和友の会が育成した桜の苗が植えられ、六年もの六十本が、十日ほどで満開という状態だった。
 食後、谷口さんが経営する六農場のうち、町から三キロの五十アルケールの農場を視察したのち、再び谷口邸に戻り、友の会十周年の記念式典を開催した。谷口さんが「十周年記念行事が、ロ市から七十二キロも離れた当市で行われ、光栄」とあいさつ、戦没者、開拓先亡者の霊へ黙祷が捧げられ、友の会の会歌を合唱した。
 間嶋会長は「この十年間に亡くなられた会員は十八人にもなります。心からご冥福を祈ります。ロ市のアルツール・トーマス市営公園に植えた桜の苗木は、いろいろ障害もあって、成育が遅れていますが、私たちが育てた三千本は各地で順調に育っており、平和を理念とした桜の苗木育成は、今後とも続けたいと願っています」と述べた。
 「十年の歩み」回顧録は、来る八月の集いで配布されることが伝えられた。
創立当時から功績があった東口正さん(前会長)、故古田挌三郎さん(前副会長)、故原田定俊さん(前副会長)が表彰され、古田満智子さんが代表して受け取った。
 このあと余興。講談、電子オルガン演奏、即興浪曲、日本民謡、歌謡などで賑わった。最後に谷口さんの賞品提供でビンゴが午後五時まで行われ、一行はミーリョ畑が夕日に映える美しい観光地プリメイロ・デ・マイオをあとにした。   (中川芳則通信員)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月25日 東西南北  現在のブラジルを代表する映画監督クレベール・メンドンサ・フィーリョが7月に開催される、フランスのカンヌ映画祭で審査員をつとめることになった。メンドンサ・フィーリョといえば、2019年にブラジルで大ヒットし、日本も含めて国際的にも高い評価を得た社会風刺アクション・ホラー映画「バ […]
  • 東西南北2021年6月24日 東西南北  日本で東京五輪開催に反対する運動が強まっており、23日にはブラジルでも、フォーリャ紙サイトなどの大手メディアが写真付でその様子を報じている。日本でのネットでの声を拾うと、彼らの中にはサッカーのコパ・アメリカの強行開催に伴う感染者多発報告で恐れをなしている人も少なくない。21日 […]
  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]
  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]