fbpx
ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

2007年7月20日付け

 県人会連合会の調査によれば、県費留学生、県費技術研修員の数の減少が著しい。〇三年に比較して、〇七年の両送出実績は、三分の一から半分だという▼小泉前政権の施策がもろに影響している。小泉さんの構造改革なるものにより、予算がどんどん切られたのである。国がやる事業でないと判断されたといってもいい。留学、研修の予算は、県費を冠してはいるが、国からの交付金がなければ、措置できないものだった▼小泉さんは、来伯時、文協の講堂で移民の過去の労苦に言及し涙を流した。しかし、そのことと移民の子孫たちの留学予算は別である▼五九年に始められた県費留学は、地縁・血縁による訪日だというあたりが、かなり前面に押し出されていたような気がする。日伯両国関係者の認識だ。事業が年月を経るにしたがって、日本語能力が云々された。地縁で留学したところで、学校の授業についていけなければ、何にもならないではないか、の議論だ。日本語能力の審査が厳しくなったころから、予算の窮屈が言い出された▼今後、留学、研修は「これがその目的」「こういう専攻」とはっきり目指すものがある人だけのものになるだろう。もちろん、その気のある人は自費によって、である。アイデンティティがらみは、例外的になるかもしれない。研修員OBの一人が言った。「いい勉強になるから、お金を払ってでも行くべき」▼また、ある面では「日本の学術」の魅力が、他国のそれと比較され、はかられる。(神)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]