ホーム | コラム | 樹海 | 「早死伝説」が多すぎるブラジル音楽界

「早死伝説」が多すぎるブラジル音楽界

ガブリエル・ジニス(Prefeitura De Guarabira/PB)

ガブリエル・ジニス(Prefeitura De Guarabira/PB)

 27日、男性人気歌手ガブリエル・ジニスが小型飛行機の墜落で亡くなった。昨年、ラテン・ダンス調のラブ・ソング「ジェニフェル」が大ヒットし、これから国を代表する人気者になりかけた矢先だった。ワイルドながら親しみやすい容姿に、高音域がスカッと伸びる恵まれた声質、そして、「ジェニフェル」のミュージック・ビデオであえてセクシー美女ではなく、大柄な女性をヒロインにして歌を捧げるフェミニスティックな女性へのマナー(これが受けた)。人気がさらに上昇する可能性も秘めていた▼それにしてもブラジルの音楽界には、才能に恵まれながら、こうした悲しい夭折があまりにも多すぎる。「音楽で飛行機事故死」と聞いてブラジル人なら真っ先に思い出すのがマモーナス・アサシーナスだろう。「殺人的な巨乳」という人を食ったバンド名の彼らは、1995年にデビューするや、その年最大級のヒットを連発。一躍、人気ナンバーワンのアーティストになっていたが、96年3月2日、ブラジリアからサンパウロ州グアルーリョスへの小型飛行機での移動中、悪天候で方向を見失いカンタレイラ山脈に墜落。メンバー5人全員が20代半ばにして命を落としてしまった▼事故で亡くなったといえばマモーナスの事故の翌97年、ペルナンブッコ州のバンド、シコ・サイエンス&ナッスン・ズンビのヴォーカル、シコ・サイエンスが29歳の若さで交通事故死している。彼らの場合、ロックとヒップホップとブラジル民族音楽をミックスしたサウンドで国際的評価も高かったために世界的にその死が報じられている。自動車事故では1977年、1960年代に「サンバの女王」と謳われたマイザも41歳で命を落としている▼また、「病死」の場合もある。1980年代にブラジルにおけるロック・ブームの立役者のひとり、カズーザが1990年、エイズにより32歳で生涯を閉じる。1996年には、ブラジル・ロック界最大のバンドのリーダー。レジオン・ウルバーナのレナート・ルッソも、同じくエイズだと見られている病気のために36歳で夭折。昨年、映画で世界的なブームとなったクイーンのフレディ・マーキュリーのような存在がブラジルには2人もいたのだ▼さらに「薬物死」も少なくない。1982年には「ボサノバの女王」として世界的に有名なエリス・レジーナがコカインとアルコールの過剰摂取で36歳で急死。2001年には、ブラジルで初めてレズビアンであることを公式に表明したことでも知られるカシア・エレールがコカイン常用と過労が原因で39歳で急死。同年のロック・イン・リオでの伝説的な熱唱が国際的にも注目されていた矢先だった▼2013年には90~00年代のラップ・ロックの人気バンド、チャーリー・ブラウン・ジュニアのヴォーカル、ショロン、ベーシストのシャンピニオンが半年違いで世を去った。前者は恋人と別れた精神的動揺での薬物中毒、後者はその後の音楽人生に苦悩した末の自殺。43歳と35歳の若さだった▼この他にも書ききれないほど不慮の夭折があるし、死こそ免れたものの、オ・ラッパのリーダーだったマルセロ・ユッカや、パララマス・ド・スセッソのヴォーカル、エルベルト・ヴィアーナのように半身不随の重症を負った例もあるなど、「ブラジル音楽界は呪われているのか」と思えるようなときさえある▼サンバやボサノバ、MPBをはじめとしてブラジル音楽には国際的にファンも少なくないが、ここで名前を挙げて紹介した人の死がもっと少なければ、さらに盛り上がったような気がししてならない。(陽)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • さくらホームの雪割桜に込められた郷愁2019年7月30日 さくらホームの雪割桜に込められた郷愁  「有名な観光地カンポスの名所の一つとして、桜祭りの時だけでなく、お客さんが年中訪れて入場料収入を落としてくれ、少しでも老人ホームの運営が楽になるようにしたい」―27日、聖州カンポス・ド・ジョルドン市のさくらホームで桜祭りを取材した際、サンパウロ日伯援護協会(以下、援協 […]
  • 生き残りを模索するニッケイ新聞2019年6月25日 生き残りを模索するニッケイ新聞  日本移民の日の特集号に掲載した「サンパウロ新聞廃刊の経緯」には、日本側を含め、各方面からたくさんの反響が寄せられた。それだけあの廃刊は大きな衝撃を与えたのだと痛感した。  と同時に、「ニッケイ新聞はどう生き残るつもりなのか。戦略を説明しても良いのは」という意見も頂戴 […]
  • 表現の自由をかけ、軍政と漫画で闘ったゲリラたち2019年4月23日 表現の自由をかけ、軍政と漫画で闘ったゲリラたち  戦車と機関銃で言論を統制したブラジル軍事政権(1964―85年)に対し、表現の自由のためにMangaという武器をとって戦った日系の若者たちがいた。  3月17日のブラジル漫画家協会(Abrademi、佐藤フランシスコ紀行会長)が主催した同会創立35周年で顕彰された3 […]
  • ブラジルでイクラが食べられるか?2019年1月15日 ブラジルでイクラが食べられるか?  昨年の暮れ、思い切って〝冒険〟をしてみた。サンパウロ市のメルカード・ムニシパル(R. Cantareira, 306 - Centro)で「ovas de […]