ホーム | 日系社会ニュース | ペルーとブラジル=共通項は日本=女声4合唱団交流

ペルーとブラジル=共通項は日本=女声4合唱団交流

2007年7月21日付け

 サンパウロの女声合唱団「パイネイラ」「文協」「ピッコロ」と、歌で交流を深めようとペルーから来伯した「ペルー日系コーラス婦人会」二十八人が、十七日午後八時から、文協ビル小講堂で「冬のコーラス」を行った。
 サンパウロのコーラス三グループが、九九年にペルー・リマで交流をした際、コーラス婦人会が感動し、また開催できないかとのことで、今回、海外日系人大会で来伯の機会を設け、八年ぶりの再会となった。
 開演前、原田フェリシアさんが「日本はブラジルとペルーから遠い国。ブラジルとペルーも遠いが、歌を通じてまた一緒になる機会ができたことに感謝する。両者の間には日本という共通のものがある」とあいさつ。
 最初に「パイネイラ」十九人が入場し、吉田輝男さんの指揮で歌唱。滑らかなピアノの音色と歌声が会場に響きわたる。
 次に今回一番の注目が集まった、「コーラス婦人会」二十八人が、鮮やかなオレンジ色の衣装を着て舞台に並ぶ。
 森崎芙美子(リマ在住=日系二世)指揮者が構えると、メンバーらが楽譜を開き、一気に静まりかえる。そして歌い始める。聴衆は、目を凝らす人、目を瞑り顔でうなずきながら拍をとる人などさまざま。井上陽水の「少年時代」ほかペルーの歌を含め合計八曲を熱唱した。その後「ピッコロ」、「文協コーラス」がそれぞれ三曲づつ歌った。
 最後は、全グループ、指揮者、伴奏合わせ九十二人が混合になり、「古里」を力強い声で熱唱した。繰り返し同曲が流れ、聴衆も歌い、会場が一体化した。
 一時間半の公演は、賑やかなムードで終了した。衣装を身に付けたまま、ニッケイ・パラセホテルで合同夕食会が行われた。
 上原幸啓文協会長は「ようこそブラジルへ。とても見事な歌だった。特に『芭蕉布』と『千の風になって』を聴いて、私の人生に似ていると感じた」と歓迎。
 森崎指揮者の話によると、「コーラス婦人会」はソプラノが一部、二部、三部構成、アルトが二部に分かれている。週一回の二時間、日本とペルーの曲を練習している。「今回八年ぶりに交流ができたことが何より嬉しい。またブラジルで機会があれば歌いたい」と満足した様子。
 同婦人会は、十八日、海外日系人大会の開会でコーラスを披露したあと帰国した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式2018年4月5日 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式  伝統あるニッケイ新聞主催の『第62回パウリスタ・スポーツ賞』授賞式が来月4日夜、サンパウロ市議会の貴賓室で行われ、25人に栄えある記念プレートが授与される。戦後の日系スポーツ振興を目的に創設され、今年で62回目を迎えた。今回は日本移民110周年を記念して特別賞に将棋部門を設け […]
  • 野口英世の足跡を追う=1923年にブラジルで黄熱病研究=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2017年1月27日 野口英世の足跡を追う=1923年にブラジルで黄熱病研究=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  2017年、年明け早々、ニッケイ新聞1月14日、続いて17日号において、現在ミナス・ジェライス州で拡大している黄熱病の報道が掲載された。  その後、連日この話題が続いている。同紙には「黄熱病は7年ぐらいの周期で繰り返され、最後の流行が2008―2009年であった」と […]
  • ニッケイ俳壇(869)=富重久子 選2015年12月19日 ニッケイ俳壇(869)=富重久子 選 サンパウロ  鈴木文子 大西日こもる熱気の窓を開け 【夏の西日は日中よりも我慢出来ない位の厳しさである。そんな西日から守るために日本では簾を下ろしたり、日除けを廻らせたり又、客を待って打ち水をしたりする。  この句は大西日を受けて、熱気の篭った部屋の窓を、ようやく日の落ち […]
  • 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から2015年7月29日 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から  日本語に関するシンポとしては過去最大規模という『EJHIB2015(継承語、アイデンティティ、バイリンガルの日本語教育に関する国際シンポジウム)』が8月10~13日まで、サンパウロ大学(USP)で開催される。 USPや関係学会により実行委員会が組織され開催に至った。案内に […]
  • 『セラード』はおもに幹の曲がったまばらな灌木とイネ科植物を主とする低木をまじえた草原。(1991年8月出版 農業総合雑誌アグロナッセンテ57号より)2015年5月23日 ニッケイ俳壇(839)=富重久子 選    サンパウロ         串間いつえ 身に入むや故人となりし事知らず【「身に入む」は、秋も深まって寒さが身に入むと言うことと、また身内に深く感じ主観のこもった意味あいもある「深秋の季題」である。 最近俳誌の中に名前のない人がいて、それとなく病気であることを聞いては […]