ホーム | 日系社会ニュース | 33年続く交流事業=松柏・大志万と=小櫃から21人来伯

33年続く交流事業=松柏・大志万と=小櫃から21人来伯

2007年8月1日付け

 千葉県君津市立小櫃小・中学校第十六回使節団が七月二十六日に来伯、松柏・大志万学院(川村真由美校長)の生徒らに迎えられた。
 一九七四年から相互交流、資料の交換などを行っている両校。今回の使節団は引率者三人、団員十八人と交流が始まって以来の大人数。第十四回の時に使節団の一員として来伯していた稲葉奈々美さん(16)と葉山万里子さん(17)も今回高校生として初めて参加した。
 一行は着聖後、サンパウロ総領事館や千葉県人会などを訪問。滞在中は、サンパウロ大学都市やブタンタン毒蛇研究所、リヴィエラ海岸などを訪れるほか、三日から大志万学院の林間学校に参加し、九日に帰国する予定。
 団長の稲葉高弘君(14)は「ブラジルの海と毒蛇研究所への訪問が楽しみ」と期待を膨らませた。小学生で参加した宮崎集君(11)は「家が寿司屋なので、ブラジルの寿司と食べ比べをしたい」と目を輝かせながら話していた。
 使節団は二十六日に本紙を訪問。同日午後七時からは、同学院内で歓迎会が催された。
    ◇
 使節団のメンバーは次の通り(敬称略)。
 【引率者】鶴岡英夫(君津市立小櫃中学校校長)、加藤明(同教頭)、高橋沙織(同教諭)、【団員】稲葉高弘(団長、小櫃中)、駒茉由子(副団長、同)、【小櫃小学校】小泉俊輔、宮崎集、【小櫃中学校】齊藤史織、齊藤愛、栗原伸介、明田真由子、鈴木克生、丸山翔平、吉住友貴、佐藤真梨乃、喜多見奈帆、栗原史弥、吉野亜美、村田優可子、【小櫃高校】稲葉奈々美、葉山万里子。

image_print

こちらの記事もどうぞ