ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

2007年8月8日付け

 パラナ日本語教育センター長の嶋田巧さんは、さきごろセンターが主催した日本語教師育成セミナーで、声を大にして教師らに語りかけた。「最近、大切な母国語である日本語が、英語などの次に考えられており、日系社会で日本語教育がおろそかになってきている」。「外国語としての日本語」教育論は、さておいている感じだ。なかなか、こうは言えるものではない。流されずに、主張が通っている▼さて、そのセミナーで指導したのが、太田櫻子シニア(JICA派遣)。太田さんは、アリアンサ婦人連合会の「セニョーラス勉強会」で「正しい敬語の使い方」の講師もつとめている。ロンドリーナに続いて北パラナの主要都市でこれから継続的に行われていくようだ▼実は、敬語を覚えたいという要望は、意外と強いのである。特に、中年から上の二世婦人。日本語会話はひと通りできるのだが、例えば日本から客を迎えたとき、あるいは訪日したとき、日本語が自信をもって口から出ない、何とかしたい、というのが、その習いたい動機である。衣食足りて、の次の望みともいえよう▼外国語にはない、いわば余分な部分の日本語(余分ではない!という叱責が飛んできそうだ)を学びたいというのは、やはり血であろうか。この勉強会に嶋田さんがからんでいるかどうかは分からない。しかし、講師を引き受けた太田さんと、気脈が通じ合えるものがあったのだろう。独自の教案を持つ太田さんはきっと成果を上げるにちがいない。(神)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(77)2016年1月12日 『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(77) 六章 […]
  • 今年のインフレは3・25%=金融機関のアナリストが予測2020年11月17日 今年のインフレは3・25%=金融機関のアナリストが予測  中央銀行が毎週行う経済動向調査「フォーカス」の最新調査で、国内の金融機関のアナリスト達が今年のインフレが亢進傾向にあるとみている事が明らかになった。  年末のインフレ率(広範囲消費者物価指数、IPCA)は3・20%から3・25%に上方修正された。IPCAの上方修正は […]
  • 第2次大戦と日本移民=勝ち負け騒動の真相探る=外山 脩=(68)2013年8月31日 第2次大戦と日本移民=勝ち負け騒動の真相探る=外山 脩=(68) ニッケイ新聞 2013年8月17日  同日夕刻、ブラウーナの北西の小さな町ニホンランヂア(現ビラッキ)で、森兄弟が射殺された。  この事件に関しては、その兄の長男正秀から貴重な話を聴くことができた。(氏は本稿で、すでに登場している。) […]
  • 19人が受勲の栄誉に輝く=令和元年の春の叙勲で=教育、スポーツなど多分野で2019年5月21日 19人が受勲の栄誉に輝く=令和元年の春の叙勲で=教育、スポーツなど多分野で  日本政府は21日、2019年(令和元年)春の受勲者を発表した。ブラジルからは邦人7人、外国人12人の計19人が叙勲を受けた。一昨年は7人、昨年は13人と増えているが、在聖総領事館広報によれば「特に増えた理由はありません。審査した結果そうなったということです」とのこと。受勲者の […]
  • コラム 樹海2013年1月29日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年1月29日付け  無力感が全身を襲った—。27日に南大河州サンタマリアで起きた大火災に関するニュースが間断なく流れる中、何も出来ず、TVの前で聞き入るしかなかったコラム子の実感だ▼会議でチリに居たジウマ大統領は会議をキャンセルして現場に飛び、州知事の脇で […]