ホーム | 日系社会ニュース | 大沢愛子氏=初七日法要

大沢愛子氏=初七日法要

2007年8月11日付け

 四日に老衰のため九十三歳で亡くなった大沢愛子さん(大沢大作・元海協連サンパウロ支部長夫人)の初七日法要が十二日午後二時から西本願寺(シャングア街108番)で執り行われる。
 北海道出身の大沢さんは、外務省勤務だった大沢大作氏(六五年に死去)のブラジル駐在にともない渡伯した。その後ポルトガル、上海など各国駐在を経て五四年、同氏の日本海外協会連合会(海協連、現・国際協力機構)サンパウロ支部長就任で再渡伯。コロニアの文筆家としても知られ、大作氏との共著に「夫婦の寄せ鍋」がある。
 葬儀は四日、サンパウロ市のアラサ墓地で執り行われ、同日埋葬された。

image_print

こちらの記事もどうぞ