ホーム | 日系社会ニュース | 九州大学とUSPが協定=さらなる交流を目指して

九州大学とUSPが協定=さらなる交流を目指して

2007年8月14日付け

 サンパウロ大学(USP)法学部は創立百八十周年を記念して九日午後七時から、同大法学部教授会議室で『USPと九州大学の学術交流協定及び学生交流協定調印式』を行った。
 調印式はこの日開かれた特別評議員会の席上行われた。西林万寿夫在聖総領事、USPの関係者など約百人が見守る中、USPのスエリー・ビレラ学長と九州大学の柳原正治副学長が協定書に署名し、無事に協定式は終了した。今後は両大学間で、学生の交流事業、情報交換などを行っていくことになる。
 今回の協定には柳原副学長とUSP法学部の二宮正人教授(CIATE理事長)がそれぞれの国でコーディネーターを務めた。
 東京大学法学政治学研究科で共に勉強に励んでいた二人は二年ほど前に行なわれた学会で再会。久し振りの再会を喜び、協定の話が盛り上がり、丁度百八十周年の節目の年にあたる今年に、協定ができるようにと期限を決めて行動してきたという。
 そのおかげもあり、今回協定を結ぶことができた。柳原副学長は「今回の協定で様々なメリットができる。情報交換や生徒の交流など良いことが多い。しかし、紙面だけでは意味のないことなってしまう」と喜びを表しつつ、気を引き締めて話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ州》4月は3度目の人口減少月に=パンデミックで様相に変化2021年5月7日 《リオ州》4月は3度目の人口減少月に=パンデミックで様相に変化  新型コロナ感染症などによる死者の増加やパンデミックで妊娠を控える人達が出ている事などにより、リオ州では4月にパンデミック下で3度目となる人口減少が起きたと同日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  リオ州自然人登録者協会(Arpen―RJ)によると、4月に同州で発 […]
  • 《ブラジル》大統領が自ら中国陰謀論 ウイルス兵器説を会見で 前外相、経済相らに続いて2021年5月7日 《ブラジル》大統領が自ら中国陰謀論 ウイルス兵器説を会見で 前外相、経済相らに続いて  ボルソナロ大統領が5日に行った、コロナウイルスは中国の陰謀との論をほのめかすような物言いが、中国からの原材料輸入に頼っているワクチンのコロナバックの調達を遅らせるとの懸念を生んでいる。5、6日付現地紙、サイトが報じている。  ボルソナロ大統領の問題発言が行われたのは […]
  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]
  • 特別寄稿=白い黄金を求めて=ブラジル綿花の歴史と日本人綿作者=櫻井章生(さくらいあきふ)=《1》2021年5月7日 特別寄稿=白い黄金を求めて=ブラジル綿花の歴史と日本人綿作者=櫻井章生(さくらいあきふ)=《1》  はじめに  初期の日本人移住者はコーヒー園労働者としてはるばる日本よりやってきた。ところが期待していたような稼ぎは得られず、生活は楽にならない。  そこでいろいろ考えて何とか現金収入を得ることを考えたり、コーヒー農場の片隅に自家消費用の食糧を生産したりして、家計の足しにす […]
  • 県連総会=市川体制2年目、役員改変=日本祭りは協議を継続中2021年5月7日 県連総会=市川体制2年目、役員改変=日本祭りは協議を継続中  ブラジル日本都道府県人会連合会(市川利雄会長)は、3月25日18時から「3月度代表者会議」並びに「第55回定期総会」をオンラインアプリ「ZOOM」で行い、各県人会代表者や役員50人が参加、ポルトガル語を中心に開催され、日本祭りは会場運営会社と協議継続中であることに加え […]