ホーム | 日系社会ニュース | ブラジルの漫画の元祖=政治家、修験道、ジャーナリスト=多彩な経歴もつ瀬戸さん=日本流行りの基礎作った

ブラジルの漫画の元祖=政治家、修験道、ジャーナリスト=多彩な経歴もつ瀬戸さん=日本流行りの基礎作った

2007年8月17日付け

 ブラジルの漫画の元祖、瀬戸クラウジオさん(63、二世)=パラナ州クリチーバ市在住=の人生をドキュメンタリー映画にする計画が進んでいる。そのタイトルもずばり『クリチーバの侍』(三十分)。禅宗の僧にして漫画家、ジャーナリストとしての著作もあり、俳句や短歌をたしなみ、盆栽、油絵まで多彩な才能をもつ瀬戸さんに、その秘訣を聞いてみた。
 生まれはサンパウロ州のノロエステ沿線ガイサーラ市。祖父が同地で造り酒屋をしており、その麹の仕入れに訪日した時に同伴した九歳だった瀬戸さんは、全国に三千四百もの末寺を持つ臨済宗妙心寺派の大本山「妙心寺」に修行に遣られた。
 三年後、九州・福岡の修験道(山伏)の拠点だった英彦山に移り、修行を続けた。十七歳で帰伯するまで、俳句、短歌、書道、華道、盆栽などに親しんだ。
 瀬戸さんが漫画を描き始めたのは六八年。翌六九年、サンパウロ州ガイサーラ市で市議に当選し、市議会議長まで務めた。七〇年にサンパウロ市の出版社Edrelから漫画『Maria Erotica』を発表、従来の子供向けから成人漫画も手がける。同じ頃に油絵も始め、七五年にはイタリアの国際展で受賞もした。
 創作を辞めた八五年頃までの間に実に五千ページを超える漫画を描いた。「今みたいなマンガ、アニメブームになることはとっくの昔に分かっていたよ」。その間、忍者や侍の雑誌も創刊した。現在全盛のマンガ、アニメなど日本のサブカルチャーブームの基礎を作った立役者だ。
 「あの頃はアメリカのコミック(アメコミ)調ばかりで、日本の漫画を書く人はボク以外に誰もいなかった」。子供の頃から漫画を愛読した瀬戸さんは、時流をとらえようとアメコミと漫画を混ぜた画風まで発明した。「みんなに、あいのこコミックスって言われたよ」と笑う。
 七五年にクリチーバに移り住んだ。八〇年頃にはブラジル版「トキワ荘」ともいうべき、全伯から漫画家を希望する若者を集めた「マンガ植民地」まで同地に作った。
 遠くはレシフェ、リオ、ミナス、サンパウロからも六人の同志が家族を連れて集まった。「今じゃ漫画を続けているのは一人もいないけどね。医者、技師とかになっちゃって」。
 創作を辞めて二十年が経つが、現在でもファンは多い。〇四年にはジャーナリストとして、クリチーバおよび沿岸部の日系移民史を書いた約五百頁のポ語著作『Ayumi-Caminhos da Imigracao』も発表した。干支(えと)を説明する本も出版しており、サブカルチャーから伝統文化までその守備範囲は広い。
 現在も地元伯字紙に勤務する傍ら、笠戸丸にみたてた宝船をイメージした、ユニークな同地百周年「IMIN100」のロゴマークも作るなど、同地日系社会の活動にも積極的に関わっている。
 昨年はサンパウロ州ガイサーラ市でコメンダドールの称号を、今年三月にはクリチーバ市の名誉市民章を授与された。
 ブラジルにマンガを広めた立役者。一般にマンガが広まる遙か前に一時代を築いた瀬戸さんの取り組みは、今こそ評価されてもいいかもしれない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 今日のお言葉 E  DAÍ=意味「それで」2020年5月1日 今日のお言葉 E DAÍ=意味「それで」  「E DAÍ」という言い方はボウソナロ大統領が最近、期待される返事と異なる答え方をしたので、町雀の注目を集めています。 (1)28日、コロナウイルスでブラジルの死者が5017人となり、本家の中国のそれを超えたので、記者が大統領にコメントを求めたところ、「E DAÍ […]