ホーム | 日系社会ニュース | 今年もにぎわった「心の歌」=終日満員の盛況ぶり=多彩な舞台に大きな拍手

今年もにぎわった「心の歌」=終日満員の盛況ぶり=多彩な舞台に大きな拍手

2007年8月21日付け

 来年迎えるブラジル日本移民百周年前夜祭として行われた歌謡チャリティーショー「日本人の心の歌~海を渡って大地に響く~」(日本人の心の歌実行委員会、ニッケイ新聞共催)が十九日午前十時から文協記念講堂で行われた。今年で七回目。開会前から多くの来場者が訪れ、早くも昼前に満員御礼の札が上がるほどの人気ぶり。全部で五十六曲が披露され、約七時間の長丁場にも関わらず、ほとんどの人が帰らず、最後まで大反響のまま終了した。
 当日は開場前から多くの高齢者が訪れ、ショー関係者よりも早く席を取り始める人気ぶり。
 午前十時の開演時間ちょうどに幕が上がり、ザ・フレンズ楽団(蛯原忠雄リーダー)の華やかな演奏で始まった。司会は道康二副実行委員長と井川ルシア総務が担当した。
 今回新しくスポンサーを引き受けたアステル・ド・ブラジル社(篠崎勝利社長)の協力により、司会者が話す内容に応じて、曲に関係する映像などが放映された。
 軍歌を歌う時には画面に戦争中の画像が流れたり、その曲の当時を思いだすよな内容の画像を流したりした。ライトなども用いて、華やかな演出で歌手の後押しをした。
 トップを切ったのは、今年一番人気の曲「荒城の月」。コロニア初の歌手、阿部洋子さんが富永祥正さん(93)の踊りと共に見事に歌い上げ、年齢を感じさせない舞いにも会場から大きな拍手が上がった。
 その後も出演者たちは曲に合わせた衣装に身を包み、熱唱。中でも王女のような派手な金色の衣装で登場し「月の砂漠」を歌った西谷エヂナさんは一際大きな歓声を受けていた。
 昼の休憩時間の間に披露された踊りには、昼食の時間を惜しんで、食べながら見る人たちの姿が多く見られた。
 「別れの一本杉」を歌う予定だった高橋富士夫さんが、緊急入院により歌えなくなった。そのため北川和義さんが急遽ピンチヒッターを務め、練習なしのぶっつけ本番だったが見事に歌い、会場から拍手喝采を浴びた。
 宮井八州男さんが歌った「娘よ」では、着物の花嫁衣裳を着た前田マリ子さんの姿に、会場中から喜びの歓声とカメラのフラッシュ
 最後はマツケンサンバを原エライネさんが歌い、途中から出演者全員が壇上に上がり、最後のフィナーレを飾った。
 道康二さんは「今回で七回目を迎えたが、だんだん良くなっているし、みなさんが喜んでくれている」と満足した表情で話してくれた。
 母親と一緒に来場していた山中芳恵さん(65、二世)は「母が好きなので一緒に毎年訪れている。今年は沖縄の曲とバックのイルミネーションが良かった」と表情を綻ばせながら話した。
      ◎
 この日は当日券も販売されたが、正午前には売り切れとなる盛況ぶりで、入場できず帰った人もあった。モジなど遠方から訪れた人もあったという。主催者では「当日入場できなかった皆さんにはご迷惑をおかけした」と話している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • 一茶=人気の「お好み焼き」復活=来週から「幕の内弁当」も2020年5月20日 一茶=人気の「お好み焼き」復活=来週から「幕の内弁当」も  外出自粛令開始から2カ月、サンパウロ市リベルダーデ区バロン・デ・イグアッペ街の居酒屋「一茶」が19日(火)から、人気メニューお好み焼き(35レアル)を復活させたほか、来週25日(月)からは「幕の内弁当」(38レアル)を新しく始める。  店主の原口マルガリーダさん自ら […]