ホーム | 日系社会ニュース | 世界マスターズ陸上=日系選手、金6つの活躍=「農業のおかげ」「練習の賜物」

世界マスターズ陸上=日系選手、金6つの活躍=「農業のおかげ」「練習の賜物」

 日系人の快挙――。九月四日から十五日にかけて、イタリアのフィツィオーネで行われた第十七回世界マスターズ陸上競技大会で、日系人が大活躍。ブラジル代表選手団約百人のうち、一割、十人の日系人が同大会に出場。四人がメダルを獲得した。日系選手のメダル数は、ブラジル代表選手団の獲得総数、四十七個の四分の一を占める十二個。結果報告に来社した選手らは「今年は歳のバンタージェンがあったから」と謙遜しつつ、「これだけたくさんのメダルを持ち帰ったことはない」と大会での健闘を喜んだ。
 世界大会には、九十八カ国から四十歳以上、約九千人の選手が参加した。五歳ごとにカテゴリーが分けられて競技する。
 身長や体重など体格を比較すれば、概ね日系人は西洋人よりも小さい。なぜ日系人が強いのかとの質問に対し、松島巧さん(75)は「若いときには西洋人に勝てなかったけど、どうしてかね。あっちの記録が落ちるよりも、こっちの記録の衰えのほうがゆっくりなんだよね」。世界大会では、金メダルを二つ、銅メダルを一つ獲得した。
 二つの金メダルを勝ち取った南千枝子さん(80)は「若いときから農業をしてきたのが、よかったんだと思います」。五つのメダルを獲得した斉藤とみ子さん(81)は「四十九歳まで百姓をしていた」と話した。イビラプエラ・マスターズ陸上クラブの矢崎雄之介さん(77)は「練習が厳しいからだ」と答えた。
 運動を続ける上で大事なのが「身体が硬くならないようにすること」と、松島さん。「たゆみなく続けること」と力を込めた。
 初めて世界大会に出場した栗岡幸子さん(60)は「トップの選手を見て、いい刺激になった」。滝浪栄子さん(83)は「大会だと記録が伸びるんですよ」と感想を語った。
 来社には、アナスピ(サンパウロ日系マスターズクラブ)から川崎義男さん、菊地敏江さん、イビラプエラから栗岡イナオ会長らも同行し、好成績を喜んだ。
 大会でのメダル獲得者の結果は以下のとおり(カッコ内は記録)。
【松島巧さん】金メダル=槍投げ(41M22)、円盤投げ(36M10)、銅メダル=投てき五種(4345点)
【南千枝子さん】金メダル=七種目競技(3977点)、幅跳び(2M34)
【斉藤とみ子さん】金メダル=八百メートル走(4分35秒)、一万メートル走(1時間15分25秒28)、銀メダル=五千メートル走(39分19秒20)、千五百メートル走(9分30秒41)、銅メダル=クロスカントリー(59分31秒)
【清水弘さん(65)】銀メダル=三段跳び(9M96)、銅メダル(4M74)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年2月6日 東西南北  サンパウロ市は1月に大雨により記録的な倒木が記録されたと報じたばかりだが、今月初の大雨を記録した4日未明から午前にかけて、ほんの数時間だけで市内で32本の倒木を記録した。また、今回の雨はサンパウロ州のほかの地域にも強い影響が及び、サントスなど海岸部では、今回の雨だけで2月に見 […]
  • 東西南北2019年1月31日 東西南北  30日付フォーリャ紙によると、ボウソナロ政権内で、ボウソナロ大統領が不在中にアミウトン・モウロン副大統領が代行をつとめたときに行った言動に対し、批判があがっているという。中でも、ボウソナロ家の息子のひとりは、「モウロン氏は大統領になる準備をしている」と2人の人物にもらしたとか […]
  • 目指せ東京五輪=11歳のブラジル人少女=スケートボード、パークでの出場目指す2019年1月29日 目指せ東京五輪=11歳のブラジル人少女=スケートボード、パークでの出場目指す  サンパウロ州リベイロン・ピーレス市のヴィクトリア・バッシちゃん(11)が、スケートボートのブラジル代表候補21人の一人に選ばれた。  スケートボード競技には、街にあるような、階段や手摺り、ベンチや坂道を直線的に配置したコースで行われる「ストリート」と、深いお椀をいく […]
  • コパ・アメリカ=組み合わせ抽選行われる=セレソンはボリビアと開幕戦2019年1月29日 コパ・アメリカ=組み合わせ抽選行われる=セレソンはボリビアと開幕戦  6月14日に開幕する、サッカー南米選手権(コパ・アメリカ)のグループ・ステージ組み合わせ抽選会が24日夜にリオで行われ、開催国のブラジル代表(セレソン)は、ボリビア、ベネズエラ、ペルーと共にAグループに入ったと25日付ブラジル各紙が報じた。  この大会は、南米サッカ […]
  • 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る2019年1月23日 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る  17日よりチリで開催されている、U20サッカー南米選手権。南米大陸ナンバーワンの座と、5月に開催されるU20W杯の出場権をかけて、10カ国が争う。  サンパウロFCでプロデビュー、ブラジル国内ではサントスやコリンチャンスでもプレー、その後は日本の柏レイソルや清水エス […]