ホーム | 日系社会ニュース | 地域住民集って盛大に=モンテ・アズール日本祭り

地域住民集って盛大に=モンテ・アズール日本祭り

ニッケイ新聞 2007年10月9日付け

 モンテ・アズール・コミュニティ協会主催の日本祭りが七日、サンパウロ市のファベーラ・モンチ・アズールで開かれた。同協会の日本人ボランティア、福井俊紀さん、北川美香さん、西原里依さん、坂井春菜さんの四人が開催に向け奮闘。十七回目の今年は日本人学校の父兄や、地域住民を合わせて約三百人以上が集まり、盛大に行われた。
 ボランティアの人達が主催して行われる同祭りは今年で十七回目を数え、回を重ねるたびに来場が増えている。
 同地区の中央にあるサッカー広場を中心に作られた会場では、着物の試着コーナーや青年文協による金魚すくいや折り紙、剣玉などのワークショップが並んだ。七夕の短冊も販売されるなど、盛り沢山の内容となった。
 今年は、前年まで売れ残っていたやきそばが午後二時の時点で用意していた五百食を完売する人気ぶり。福井さんは「モンテアズール・コミュニティ協会の人たちが協力してくれてありがたかった」と率直な感想を語った。
 また、子供と接する時間を作りたいと話した北原さんは「自分の理想がこうして実現できて、嬉しく思う」としつつも、「剣玉や折り紙のワークショップのスペースが小さくなったのが反省点」と話した。
 会場ではその他にも、サッカー場での野球体験コーナーを実施。子供たちが飛んでくる白球を打ち返し、楽しんでいる様子だった。
 だるま塾の関係者らによる「銭太鼓」や、「カッパ」の異名を名乗る老門一郎さんの大道芸、サンパウロ日本人学校の父兄によるソーラン節、琉球国祭り太鼓など多彩なアトラクションも会場を盛り上げた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選2015年10月2日 ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選 アリアンサ  新津 稚鴎 激つ瀬のひっぱる風や木々芽ぐむ 草萌ゆる野やぽっかりと月浮かべ 鼻振って家の漫歩や蝶の昼 夜蝉鳴く泣き虫の樹が泣き止めば 貯水池に天から降って目高棲む いさぎよく葉を落としイペ花仕度 水温む鶏が孵せし子家鴨に 【作者・稚鴎さんは来たる十 […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]
  • ステーキとお茶漬け2014年7月9日 ステーキとお茶漬け  6月以来、一般ニュースまでW杯ほぼ一色で、他のイベントも見事にない。そんな時にも関わらず、先週末サンパウロ市で日本祭りが行われた。20万人近くが訪れる、地元主催では世界最大級の日本文化イベントだ。 そこで静岡新聞社と共に富士山写真展を開催したら、ブラジル代表の試合時間です […]
  • 日系社会の団結に尊敬の念=在サンパウロ日本国総領事館=総領事 福嶌 教輝2014年1月1日 日系社会の団結に尊敬の念=在サンパウロ日本国総領事館=総領事 福嶌 教輝 新年号 ニッケイ新聞 2014年1月1日  新年明けましておめでとうございます。2014年は、ブラジル国にとってさらに大きな飛躍が期待されています。 サッカー・ワールドカップ開催は、スポーツ交流のみに留まらず、政治・経済・科学技術・社会・文化・教育・学術等あらゆる面で大きな効 […]