ホーム | 連載 | 2007年 | プレ百周年特別企画=ブラジル農業界への日系貢献のシンボル=コチア産組=新社会の建設=創設者の光と影=下元健吉没後50周年=外山 脩(フリー・ジャーナリスト) | ブラジル農業界への日系貢献のシンボル=コチア産組=新社会の建設=創設者の光と影=下元健吉没後50周年=連載《第10回》=複雑な高知人の県民性=南伯・中沢も肌合い異なる

ブラジル農業界への日系貢献のシンボル=コチア産組=新社会の建設=創設者の光と影=下元健吉没後50周年=連載《第10回》=複雑な高知人の県民性=南伯・中沢も肌合い異なる

プレ百周年特別企画

2007年10月9日付け

ブラジル農業界への日系貢献のシンボル=コチア産組
新社会の建設=創立者の光と影=下元健吉没後50周年
連載《第10回》=複雑な高知人の県民性=南伯・中沢も肌合い異なる
外山 脩(フリー・ジャーナリスト)

 ところで、これは、また、さる人の説であるが、高知県人は同郷人の悪口を言い、足も引っ張るが、「外部に対しては結束する」という。そういう県民性も持っていると……。
 そういえば、筆者がX老人と話していたとき、何気なく下元批判説を口にすると、老人、突如、豹変した。それまで下元をボロクソに言っていたのが、急に評価し始めたのである。
 筆者が口にした下元批判説とは、前出の久保勢郎の「コチア創業の最大の功労者は村上誠基であって、下元は、その他協力者の一人に過ぎない」という部分である。
 筆者が久保の名前を出さず「こういう説もあるが……」と話し始めると「そんな事はない」と否定、やはり下元の功績が大きいという意味のことを言い、「ワシの人生で最も影響を受けた一人」などと持ち上げる。
 (なんだ、これは…!)と、筆者はアッケにとられたが、本人は至極自然な表情をしている。当人の内部では矛盾はない様子である。
 どうやら、同郷人の自分が下元を批判するのは構わないが、他県人がするなら庇う、ということらしい。
 複雑な県民性である。
 アンチ下元派の論は、こういう県民性を計算に入れて読み聞く必要がある、と悟った。
     ◎
 そういう視点から見ると、中沢源一郎の下元健吉論など、まことに味わい深い。
 中沢も高知県人で、日系の大型農協としてコチアとともに最後まで残り、共に消えたスール・ブラジルの理事長を務めた。
 ただ事業規模では、スールは大きく差をつけられ、終始、コチアの十分の一くらいであった。
 中沢は下元より九歳ほど若かったが、戦前から戦中、戦後と、いわば同時代を生きた人である。
 その中沢が下元を毛嫌いしていたという説がある。もっとも、下元も中沢に対して同様だったそうである。
 元コチアの職員・志村啓夫氏、この人も九十歳を越しているが、至極達者そうで、その話によると、二人の仲には古くからの因縁があったという。古くというのは、戦前のことで、一九三〇年代後半の頃と思われるが、
「スールの前身のジュケリー農産に内紛が続き、下元が、その仲裁に出かけた。その折、揉ましている張本人が中沢だと見て、怒鳴りつけた。中沢は、それを根に持ち続けた。
 これは、下元本人から聞いた。下元は『中沢の野郎が……』という口調だった。対して中沢が下元を『アノ無学の田舎物が……』と罵ったこともあったそうだ。こちらは、何かの印刷物で読んだ。
 中沢は、コチアの成功ケースばかり真似ていたのに、下元を嫌っていた」
 ちなみに中沢は、同じ高知県でも、町の薬種問屋に生まれ東京帝国大学を出ていた。 
 下元とは肌合いが違っていた。
(つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2010年11月25日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2010年11月25日付け  数多くの絵画クラブで指導を行う中島岩雄さん(76、サンパウロ市)が、「命をかけている」と並々ならぬ思いなのは絵画コンクール『ビエンナール・ナイーブ・ド・ブラジル』での優勝だ。 […]
  • 40人がのびのびと発表=聖南西お話学習発表会2013年11月30日 40人がのびのびと発表=聖南西お話学習発表会 ニッケイ新聞 2013年11月5日  聖南西教育研究会(福沢一興会長=ふくざわ・かずおき)主催の『聖南西お話学習発表会』が20日、ピラール・ド・スール文協会館で行われた。イビウーナ、ピエダーデなど日本語学校7校が参加、生徒や保護者に加え、地域住民や卒業生も多数見守った。 […]
  • 千葉県人会総会、新年祝賀会2005年2月16日 千葉県人会総会、新年祝賀会 2月16日(水)  千葉県人会(原島義弘会長)は、二十七日午前十時半(第二次招集)から、栃木県人会館(カピトン・カヴァルカンチ街56)で定期総会を催す。定例議事と監査役改選。終了後、新年祝賀会(会費十レアル)。 […]
  • 6月、漢字検定試験2003年3月27日 6月、漢字検定試験 3月27日(木) […]
  • ■尋ね人■長野県出身 森文治さん一家2013年4月11日 ■尋ね人■長野県出身 森文治さん一家 ニッケイ新聞 2013年4月11日  東京都の税理士稲田清英さんが、相続の関係で長野県上田市出身の森文治さん一家の所在を探している。 […]