ホーム | 連載 | 2007年 | プレ百周年特別企画=ブラジル農業界への日系貢献のシンボル=コチア産組=新社会の建設=創設者の光と影=下元健吉没後50周年=外山 脩(フリー・ジャーナリスト) | ブラジル農業界への日系貢献のシンボル=コチア産組=新社会の建設=創設者の光と影=下元健吉没後50周年=連載《第19回》=認識運動の地方会場で護衛=「生きて出られないかも」

ブラジル農業界への日系貢献のシンボル=コチア産組=新社会の建設=創設者の光と影=下元健吉没後50周年=連載《第19回》=認識運動の地方会場で護衛=「生きて出られないかも」

プレ百周年特別企画

2007年10月23日付け

 栗原章行氏は一九四四年、二十代半ばの頃にコチアに就職した。現在八十代半ばになる。
 「私が組合に入ったのは養鶏が盛んになり始めた頃で、組合本部の横の三角地帯に飼料の配合所があり、そこで働いた。結婚のときは下元さんが仲人をしてくれた。
 仕事以外の場では、いつもニコニコしていた。土、日などに家へ行くと、本当に人の良さそうな感じだった。
 仕事の場では、こちらの話は一応聞いてくれた。が、意に沿わないと、ポカッとやられた。人の話を全部聞いてからしか、確定した返事をしなかった。意見書のようなものを出すと、すべて赤チンタ=インキ=のペンで書き込みをして返してきた」
 前出の北パラナの松原氏によると、下元の下で、産青連運動の指導に当たっていた井上清一が、意見書を下元に提出したことがある。しばらくして返ってきた書類には朱筆で「バカ」と書いてあったという。
 再び栗原氏の話。
 「(下元は)非常に頭の鋭い人であったから、思いつきのような意見は聞いて居られない、という心境であったのではないか。またよく怒鳴ったが、それは、何故、俺の言うことが判らんのか、という気持ちだったろう。
 根本からモノを考えている人だった。
 職員の中に山登りの仲間があって、年に一、二回、五人くらいでミナスとの州境の山に四、五日かけて登った。それに(下元が)参加した。そうしたときは全く田舎の親父さんという感じだった。『お前たちは、馬の乗り方が下手だなあー』などと言っていた。
 私は、彼が何故、この山登りに参加するのか判らなかった。が、後になってフト漏らした『ブラジルの高原地帯では、種イモ作りは無理だなあー』という一言で気づいた。なんとか良い(バタタの)種イモをつくりたくて候補地探しをしていたのだ。我々が上った山は皆、地形が悪く広い面積の平地がない、トラトールを入れることが出来ない土地だった。だから種イモ作りは無理だと。根本から生産を上げる方法を考えていたのだ。
 下元は一方で放漫という批判もあった。他所の組合を、のみ込んで行ったという一面もある。リーダーになる人間には癖があるものだが、ひと癖もふた癖もある人間だった」
 元職員・遠藤健吉さん。七十代後半。
 「私は一九四〇年に一旦、日本へ帰国し戦後五二年に再渡航した。こちらに居った兄の吉四郎に連れられて、コチアの本部へ行った。兄は下元を自慢しており、会わせたかったらしい。
 兄は下元の親父を尊敬していた。『戦前、産青連運動が始まったとき、親父は田舎の若造を相手に真剣に議論をしてくれた。それに感激して産青連にもコチアにも入った』と言っていた。
 勝ち負け騒動の頃、親父は認識運動のためよく地方に出張したが、アルバレス・マシャードに居った兄の所へサンパウロの産青連の仲間から指令が来て、親父が奥地出張の折、護衛についた。バストスに親父が来たときも兄が護衛についた。親父が話している間、会場が殺気立って『こりゃ、俺は生きて、ここを出られないかもしれないと思った』そうだ。
(つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》地下鉄と都電の客が倍に=感染注意喚起しつつ経済稼動へ2020年9月24日 《サンパウロ州》地下鉄と都電の客が倍に=感染注意喚起しつつ経済稼動へ  サンパウロ市の地下鉄と都電(CPTM)の利用客が増え、8月は4月のほぼ倍になった。サンパウロ市と近郊の住民で鉄道輸送を利用した人は、4600万人から9千万人に増えた。  4月は新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するための外出自粛が継続され、鉄道輸送の利用者も少なかっ […]
  • 《サンパウロ州政府》コロナワクチン年内実用化に意気込み=中国製の治験良好報告うけ2020年9月24日 《サンパウロ州政府》コロナワクチン年内実用化に意気込み=中国製の治験良好報告うけ  治験最終段階で良い報告が得られていることで、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)が、中国製のワクチンを12月にも実用化させたいと考えているという。23日付現地サイトが報じている。  このワクチンは、中国の製薬会社「シノヴァック」が開発中の「コロ […]
  • 東西南北2020年9月24日 東西南北  米国のタイム誌が22日、「世界で最も影響力のある100人」に、ブラジルからはボウソナロ大統領とユーチューバーのフェリペ・ネットの2人を選んだ。ボウソナロ大統領といえば、今やトランプ大統領と並ぶ“世界的な政治家”。タイム誌が7、8年前に、ジウマ大統領を同様の企画で「進歩的な女性 […]
  • ACAL=七夕短冊のお焚き上げ=少人数でコロナ禍収束願う2020年9月24日 ACAL=七夕短冊のお焚き上げ=少人数でコロナ禍収束願う  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)は、8月2日に開催された七夕祭りで集まった短冊の「お焚き上げ」を9月12日午前にサンパウロ市の東洋会館内の庭園で行った。当日は新型コロナウイルスの感染防止のため、例年と打って変わり15人程の少人数で行われた。焚き上げ式 […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(11)2020年9月24日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(11)  主幹・黒石、編集・輪湖、さらに豊富な資金と活字で、予定通り既存紙を圧倒した。  「既存の二新聞を見下ろしながら、新活字で当初から千五百部も印刷して、購読料など念頭に置かず、経営を続けて行った。他の両新聞が如何に挑戦しても、謄写版や石版では先ず其の武器に於いて敵すべく […]