ホーム | 日系社会ニュース | 移民百年の道ウォーク=歩こう友の会=旧街道・海の道を下る

移民百年の道ウォーク=歩こう友の会=旧街道・海の道を下る

ニッケイ新聞 2007年10月17日付け

 リベルダーデ歩こう友の会(高木ラウル会長)は七日、来年六月十二日から十五日にかけて実施する『移民百年の道』ウォークで歩く予定の旧街道の下見を行った。うっすらと雲がかかる心地よい天気のもと、エネルギー局の案内役、モニトールの説明を聞きながら、四十人強がサンベルナルド・ド・カンポ側からクバトンまでの旧街道、約九キロを下った。百周年当日は、クバトン側から登る予定。
 「昔の人の苦労が思い浮かびますね~」と参加者。カミーニョ・ド・マール(直訳・海の道)、別名は旧街道。一七九二年に開通し、当時は馬で砂糖、タバコ、綿を運んでいた。
 一九一三年に石畳、二五年に南米で初めてコンクリート舗装されたという同道は、二〇〇四年から観光地として整備。道中には歴史的文化遺産が点在する。
 カウサーダ・ド・ロレーナ、エストラーダ・ダ・マイオリダーデ(成年街道)などと名称を変えてきたが、ドン・ペドロ一世、二世やバンデイランチスらブラジル史に登場する重要人物とともに、昔の移民が歩いた思い出深い道だ。
 一行は、石畳や、ポルトガルの文様が描かれたタイルで飾られる休憩所、屋根のない住宅地あとの遺跡などを見ながら、海岸山脈の自然の中を歩いた。背の高いパルミットに感嘆をあげ、道端のあちこちに咲くマリア・センベルゴーニャを愛でる。
 参加者らは、「車で何回も通っていたわ」「空気がきれいね」「来年、登るとすればきついですな~」などとおしゃべりに花を咲かせながら、旧街道の景色を堪能していた。
 約四時間かけてゆっくりと下ったあとには、サントスの街で昼食。ボケイロンの日本移民上陸記念碑に立ち寄ってから帰路についた。
     ◎
 『移民百年の道』ウォークは全六十六キロ。日程は、初日=第十四埠頭~旧街道登り口(二十キロ)。二日目=旧街道~アンシエッタ街道(二十キロ)。三日目=みずほ村から、日本人会会館、サンベルナルド・ド・カンポ市役所を経て、アルモニア学生寮(十五キロ)。四日目=イピランガ公園独立記念塔~移民センター(十一キロ)。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=日系社会存続のためのヴィジョン22(22世紀に向かって)=日系社会の戦略的再構築・統合のための提言=サンパウロ市在住 足立操2020年7月9日 特別寄稿=日系社会存続のためのヴィジョン22(22世紀に向かって)=日系社会の戦略的再構築・統合のための提言=サンパウロ市在住 足立操 ①日系社会の現状と問題点 1.「今、日系社会の存続が危うい!」。こう言うと「何をそんなバカな!」と思われる方が多数おられると思います。  しかしながら、日系社会の現実を冷静に見つめ直すとリアルに日系社会の存続の危うさが浮かび上がってきます。みなさんの周りの身近にある […]
  • 1959年あめりか丸同船者会が中止に2020年4月3日 1959年あめりか丸同船者会が中止に  毎年4月に行われている「1959年あめりか丸同船者会」(世話役羽鳥慎一)が、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止することになった。  当紙を通じて発表するにあたり世話役の羽鳥さんは「皆様には誠に残念なお知らせですが、中止が余儀なくされました」と声を落としつつも […]
  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • ■今週末の催し2020年2月13日 ■今週末の催し  15日(土曜日)  「集中セミナー/日本祭りの将来はどうなる?」(県連)、午後1時、県連会議室(Rua Sao Joaquim, 381)      ◎  第3回演奏会(ピニェイロス女声合唱団)、午後3時半、聖ヨハネ教会(Rua Coropé, 108, […]
  • 憩の園=入場券売り切れで2回公演に=歌と芝居で魅せる移民ショー2020年1月30日 憩の園=入場券売り切れで2回公演に=歌と芝居で魅せる移民ショー  「公演3週間前に入場券が売り切れました。まったく予想外です。特別に同日午後4時から2度目の公演をやることになりましたが、40%はもう売れました。これ以上は公演を増やせません。ショーを見たい方は早めに事務所でチケットを手に入れてください」――社会福祉法人「救済会」(佐藤 […]