ホーム | 日系社会ニュース | ヒロタフード=リベルダーデ店オープン!=日本食弁当、食材も豊富

ヒロタフード=リベルダーデ店オープン!=日本食弁当、食材も豊富

和太鼓でにぎやかに開店セレモニー

和太鼓でにぎやかに開店セレモニー

 日系スーパー大手「ヒロタフードエクスプレス」(ヒロタ・フランシスコ社長)の新店舗が3日11時に、東洋街のリベルダーデ日本広場にオープンした。
 同社はサンパウロを中心にスーパーや日本のコンビニエンスストア型の店舗を展開し、食品や生活雑貨などを販売している。同店は58店舗目、コンビニ型店舗としてメトロ駅と日系旅行会社ツニブラ・トラベルの間にオープンした。
 当日開店セレモニーとして太鼓チーム「心響太鼓」による演奏が行われ、リベルダーデの一角を湧かせた。
 同社幹部(DIRETOR EMPRESA)のエリオ・フレッジ・フィリョ氏(Helio Freddi Filho)は、「日系社会の歴史を象徴するこのリベルダーデでオープンできて本当に嬉しい。日系人の方がより来てくれるように、日本の食材や弁当などを他店舗以上に置いている。ぜひお越しください」と呼びかけた。
 同店ではブラジルの調味料に加えて、寿司弁当やおにぎり、唐揚げ弁当、カレー弁当などの日本食も販売している。日本米、インスタントラーメン、醤油や味噌などの調味料、日本のお菓子などの日本製品が50種類以上販売されており品揃えも豊富。6席のカウンターも設置され、店内飲食も可能。
 ヒロタフードエクスプレス・リベルダーデ店はクリスマス(12月25日)と新年(1月1日)以外は毎日営業予定。営業時間は7~22時まで。店舗住所(Av. da Liberdade, 180 – Liberdade, São Paulo )。

image_print

こちらの記事もどうぞ