fbpx
ホーム | 文芸 | 連載小説 | 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳 | 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(261)

臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(261)

 ジュンジあるいはジュンとよばれていたジョージはサンパウロ大学工学部に入学したばかりだった。入学の試験勉強に影響を及ぼさないよう、父親の病気が重いことをだれも彼に明かさなかった。
 3人はすでに結婚していた。セーキはアパレシーダ・カンヂダ・デ・モラエスと結婚し、セルジオという息子をもうけた。ハキオは海老原スミエと結婚し、ミルナ・マサエという娘をもうけた。マサユキは平良テレーザ・キオコ結ばれた。
 セーキの結婚は家族に大きな支障をもたらした。相手が「ガイジン」だったので、正輝も房子も結婚を許さず親子との縁を切ることになってしまったのだ。セーキは結婚のため家を出、そのため絶縁状態となった。重態となった正輝は「死ぬ前に一度会いたい」といって長男に消息を探させた。
 正輝が手術のため入院していたサントアンドレのクリストヴァン・ダ・ガーマ病院で二人は何年かぶりに再会し、和解しあった。父が感激のあまり泣いたが、そのような姿をマサユキは一度も見たことがなかった。
 日本人の習慣にはあまりないことだが、ハキオは兄より先に結婚した。妻のスミエはマサユキの親友セージとマサオの妹だ。スミエの父、海老原袈裟吉は正輝が移住したとき乗った若狭丸の同船者だったのだが、そのことを知ったのは子どもたちの結婚式が迫ってからのことである。
 マサユキがテレザとの結婚を早めたのは、この先、家から出られなくなりそうな父親に式に出席してもらいためだった。そして、このとき撮ったのが正輝の最後の写真となった。
 マサユキは市会議員時代に市役所を退職し、私企業に転職した。ラミナッソン・ナショナル・デ・メタイスという会社の専務副社長にまで昇格していた。また、彼や兄弟の母校サントアンドレ経済経営大学の学長の職を務めた。退職後もISO9001(国際規格協議)システムの証書獲得のコンサルタントとして仕事をつづけている。カルラ・キヨミ、ファビオ・タダシ、アンドレイ・アケミ、エドアルド・ケンジの父親、イザベラ・ミユキの祖父である。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 湖西市女児自動車事故=藤本パトリシア被告に有罪=禁錮2年2月の一審判決=弁護士、控訴を検討中2013年8月31日 湖西市女児自動車事故=藤本パトリシア被告に有罪=禁錮2年2月の一審判決=弁護士、控訴を検討中 ニッケイ新聞 2013年8月14日  日本政府から要請されていた3件目の国外犯処罰(代理処罰)の一審判決が下った。2005年10月に起きた静岡県湖西市での自動車事故で、事故後に帰伯した日系人の藤本パトリシア被告(38)に対し、サンパウロ州裁判所サンパウロ司法区ピニェイロス第11 […]
  • 東西南北2020年10月10日 東西南北  今度の月曜日の12日は、ブラジルの守護神「ノッサ・セニョーラ・ダ・アパレシーダ」の祝日となる。毎年、サンパウロ州アパレシーダの聖堂は女神像を拝みに行く人で溢れかえる。だが今年は、コロナ禍があるので行くのを控える人も少なくなさそう。だが、カトリック信者にとっては大事な日であり、 […]
  • 在サンパウロ総領事館=10月休館日のお知らせ2020年10月7日 在サンパウロ総領事館=10月休館日のお知らせ  在サンパウロ日本国総領事館(桑名良輔総領事)は10月12日(月)に「ノッサ・セニョーラ・アパレシーダの日」のため休館する。 […]
  • 東西南北2020年9月9日 東西南北  5日から続いた3連休。予想されていたとはいえ、3日とも天候が良かったところが多かったことで、海岸は全国的に大勢の人でにぎわった。それだけでなく、バーやレストラン、公園でも、人が多く見られた。サンパウロ市などでは5月に、祝日前倒しの「フェリアドン」を導入し、「休みを生かして外に […]
  • 桑名在サンパウロ総領事が慰霊碑参拝=「日系移民史ここから始まる」2020年9月1日 桑名在サンパウロ総領事が慰霊碑参拝=「日系移民史ここから始まる」  7日に着任した桑名良輔総領事(神奈川県、58歳)は、政府指定感染防止策である2週間の自己隔離を経て、21日に総領事館に初登庁を行った。  同日午後、サンパウロ市イビラプエラ公園内にある開拓先没者慰霊碑に参拝、日本館の観覧を行った。  数人のガードマンに付き添わ […]