ホーム | 文芸 | 連載小説 | 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳 | 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(261)

臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(261)

 ジュンジあるいはジュンとよばれていたジョージはサンパウロ大学工学部に入学したばかりだった。入学の試験勉強に影響を及ぼさないよう、父親の病気が重いことをだれも彼に明かさなかった。
 3人はすでに結婚していた。セーキはアパレシーダ・カンヂダ・デ・モラエスと結婚し、セルジオという息子をもうけた。ハキオは海老原スミエと結婚し、ミルナ・マサエという娘をもうけた。マサユキは平良テレーザ・キオコ結ばれた。
 セーキの結婚は家族に大きな支障をもたらした。相手が「ガイジン」だったので、正輝も房子も結婚を許さず親子との縁を切ることになってしまったのだ。セーキは結婚のため家を出、そのため絶縁状態となった。重態となった正輝は「死ぬ前に一度会いたい」といって長男に消息を探させた。
 正輝が手術のため入院していたサントアンドレのクリストヴァン・ダ・ガーマ病院で二人は何年かぶりに再会し、和解しあった。父が感激のあまり泣いたが、そのような姿をマサユキは一度も見たことがなかった。
 日本人の習慣にはあまりないことだが、ハキオは兄より先に結婚した。妻のスミエはマサユキの親友セージとマサオの妹だ。スミエの父、海老原袈裟吉は正輝が移住したとき乗った若狭丸の同船者だったのだが、そのことを知ったのは子どもたちの結婚式が迫ってからのことである。
 マサユキがテレザとの結婚を早めたのは、この先、家から出られなくなりそうな父親に式に出席してもらいためだった。そして、このとき撮ったのが正輝の最後の写真となった。
 マサユキは市会議員時代に市役所を退職し、私企業に転職した。ラミナッソン・ナショナル・デ・メタイスという会社の専務副社長にまで昇格していた。また、彼や兄弟の母校サントアンドレ経済経営大学の学長の職を務めた。退職後もISO9001(国際規格協議)システムの証書獲得のコンサルタントとして仕事をつづけている。カルラ・キヨミ、ファビオ・タダシ、アンドレイ・アケミ、エドアルド・ケンジの父親、イザベラ・ミユキの祖父である。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(262)2020年6月2日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(262)  ハキオは会計及び会計監査関係の会社員として働き、個人会社も経営していたが退職し、現在は年金生活者。ミルナ・マサエ、レジナルド・マサキ、ロジェーリオ・アツシ、エリアネ・サナエ、リカルド・キヨシの父、メイリー、ウィリーの祖父である。  ネナは黒崎博文と結婚。主婦だったが、200 […]
  • 連載小説=臣民=――正輝、バンザイ――=保久原淳次ジョージ・原作=中田みちよ・古川恵子共訳= (68)2019年3月27日 連載小説=臣民=――正輝、バンザイ――=保久原淳次ジョージ・原作=中田みちよ・古川恵子共訳= (68)  叔父の樽は少し前、サンカルロスに移り、町のそばに農園を借りて、野菜を栽培し朝市で売っていた。家族が増えていた。  1921年から1923年、イガパラヴァにいたとき、長女のハツエと長男ヨシアキが生まれた。1925年タバチンガでヨシオが生まれた。沖縄人らしく顔が真っ黒で、丸顔が […]
  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=「肺がやられて話せない!」=入院後、24時間未満で死亡2020年5月29日 《ブラジル》コロナ禍=「肺がやられて話せない!」=入院後、24時間未満で死亡  新型コロナウイルスに感染しても無症状の人や軽症で済む人が多いが、コロナ感染症が急速に進み、入院から24時間経たずに死亡する例もある。  サンパウロ州ソロカバ市に住んでいたルイス・リカルド・デウフィノ氏(27)は、15日未明に体調不調を訴え、兄弟の一人のカリーナ・アパ […]
  • 餅つき祭りで紅白餅2万袋配布=お雑煮3千杯に長蛇の列2020年1月4日 餅つき祭りで紅白餅2万袋配布=お雑煮3千杯に長蛇の列  「お雑煮が美味しかった。デカセギに行っていた頃のお正月を思い出したよ」―今年初めて餅つき祭りに来場したという目黒三男さん(80、二世)は、そう言いながら久々の日本の味に舌鼓をうった。  大晦日恒例、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)主催の […]