ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2007年10月19日付け

 二言語を使い分ける人のことを「バイリンガル」というが、二つの文化を使い分ける人を「バイカルチャー」という。ポ語ならビクルトゥラウ(2文化)だ▼日本人は相手によって文化を使い分けることにあまり慣れていない。島国であり、基本的に同一民族、同一言語という世界的にも稀な条件ゆえに使い分ける必要がなかった▼加えて「まじめさ」や「裏表のない人格」「うそをつかない」などの日本人としての美徳が、使い分ける生活習慣を形成するには不向きだったようだ▼しかし、争乱の絶えない欧州大陸から来た移民たちにとって、場面や相手によって文化を使い分けることは当たり前だった。適切な表現方法を選んでいかないと不利な状況を招くことがある▼事実、ドイツ系有名コレジオのポルト・セグーロ校はもちろん、アメリカンスクールのサイトを見ても学校の特徴として「バイカルチャー」をしっかり謳っている▼しかし、ある日系コレジオで子供を育てた母親が「自分の子供は、日本の影響を強く受けすぎて文化的な奇形児になってしまった」と嘆いていたのを以前、聞いた。子供が兵役に行って夜空を見上げている時に、日本ではお月様にはウサギが住んでいるという伝説があるとの話を披露して、ブラジル人仲間から薄気味悪がられ、苛めの原因になったとの話だった▼これはバイカルチャーの発想が不足していたのかも、と思い当たった。日系らしさを維持しながらも、エリートブラジル人に伍して自己主張して出世して行くには、日本語教育だけでなく、バイカルチャーの考え方も必要かもしれない。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 生き残りを模索するニッケイ新聞2019年6月25日 生き残りを模索するニッケイ新聞  日本移民の日の特集号に掲載した「サンパウロ新聞廃刊の経緯」には、日本側を含め、各方面からたくさんの反響が寄せられた。それだけあの廃刊は大きな衝撃を与えたのだと痛感した。  と同時に、「ニッケイ新聞はどう生き残るつもりなのか。戦略を説明しても良いのは」という意見も頂戴 […]
  • 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から2015年7月29日 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から  日本語に関するシンポとしては過去最大規模という『EJHIB2015(継承語、アイデンティティ、バイリンガルの日本語教育に関する国際シンポジウム)』が8月10~13日まで、サンパウロ大学(USP)で開催される。 USPや関係学会により実行委員会が組織され開催に至った。案内に […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 羅府新報社内の新聞保管庫で、過去の紙面を前に語る現社長の駒井幹夫=ロサンゼルス(撮影・水野陽介、共同)2015年5月21日 北米=日系社会の盛衰映す羅府新報=語り継ぎ、記録する責任  【共同】1941年12月7日深夜。米西海岸ロサンゼルスの邦字紙「羅府新報」の駒井豊策社長が長い一日を終えて帰宅すると、米連邦捜査局(FBI)の捜査官たちが待ち受けていた。日曜日だったこの日未明(米太平洋時間)、ハワイの真珠湾を日本軍が奇襲攻撃した。羅府新報は通 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(136)2014年4月12日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(136) ニッケイ新聞 2014年4月12日 「誰とお約束を?」 「証拠を掴んで必ず裁判に引き出すと、殺された女と約束した・・・んです」 「なんだ、ふざけた事を! 西領事、帰りましょうよ! 訳の分からない日本語で話す二世にかまっている暇はありませんよ」遠藤副領事が怒って大声で言った。 隣 […]