ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2007年10月27日付け

 六三歳のガルシア氏が六カ月待ち続けた心臓移植。二十五日朝、適合する心臓が提供されたとの連絡で、手術の準備に入るも、肝心の心臓をカンピーナス市から救急車で運ぶ途中、雨による渋滞で立ち往生。心臓摘出から移植までは最大四時間ということで、サンパウロ市市警のヘリコプターが出動した。バンデイランテス道にいた救急車から心臓を受取ったヘリコプターは現場から八分でサンパウロ総合大学付属心臓外科に到着。一一時間の手術を終えたガルシア氏は現在集中治療室にいるが、予断を許さない状況下、家族は見守り続けている。
     ◎
 雨にたたられたリオ市、死者も三人、浸水等で二三五七人が住む場所を失ったという。サンパウロ市では信号が機能しなくなり、あちこちで交通渋滞を起した。雨そのものは天災でも、生活基盤となると交通網の混乱等はある意味の人災とも言える。リオ市のトンネルの土砂崩れは、大量の土砂のため、開通作業に七二時間を要するようだが、土砂崩れの原因は、配水管が古くなり、水漏れを起していたことで地盤が緩んだためと見られている。異常乾燥と予想以上の雨に振り回された人間は、無力さを味わわされたともいえる。
     ◎
 牛乳の薬品混入問題で、ゴイアス州でもレイテCから苛性ソーダが検出されたという。結局、ロンガ・ヴィダだけが薬品処理されていたのではなかったということ。パルマラッテやカルーの製品の回収指示が出たともいわれ、ネストレ社も問題ありとも。そういえば、消化力が弱くて牛乳でおなかをこわすという話も多いが、最近は牛乳やヨーグルトで胸焼けを起したという人もいる。何を食べても危ないなら、後はどうする?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰2020年9月28日 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰  ブラジルへの日本人移住112周年を記念する「移民の日特別号」の発行をお慶び申し上げます。  日本とブラジルの緊密な友好関係の重要な礎となっているのが、ブラジルにおける日系社会という特別な人的な絆です。日本人移住者及び日系人の皆様は、移住後に大変なご苦労を経験されまし […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]