ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 17日、ジウマール・メンデス最高裁判事の辞任もしくは罷免を求めるデモが行われた。これは、先週はじめからネットで話題になりはじめ、特に、ツイッター上では連日、数10万にのぼるハッシュタグが起こり、その数は世界有数の数に至った。このため、デモはさぞかし大きなものになると思われた。だが、いざ、蓋を開けて見ると、どこの会場も集まったのはほんの僅かで、中には、集会本部となるトラックの上にしか人がいない写真なども出回った。結局、「ロボット」と呼ばれる、ネット上での自動送信の大量情報の方が民意を上回ってしまったということか。メンデス判事よりもむしろ、この機械の今後の方が気になるか。
     ◎
 15~17日に、サンパウロ市インテルラゴス・サーキットでF1のブラジルGPが行われた。優勝を飾ったのはレッドブル・ホンダのオランダ人レーサー、マックス・フェルスタッペン。現在はまだ22歳の若手レーサーである彼にとっては、初のブラジルGP制覇だ。彼は世界王者争いでも現時点で3位につけている。今回のGPは、ルイス・ハミルトンがすでに年間王者を決めていたのに加え、ブラジル人レーサー不在で行われたため、盛り上がりにも欠けた。
     ◎
 18日より、全国でサランポ(麻疹)の予防接種の第2段階がはじまっている。今回の対象となっているのは、20~29歳の人たちだ。麻疹を含む3種混合の予防接種は2回受ける必要がある。1回目接種後は30日以上の間を空けて2回目を受ける必要がある。1回目の接種の締切は今月30日となっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ