ホーム | 日系社会ニュース | 「梨の木会」=恒例発表会

「梨の木会」=恒例発表会

ニッケイ新聞 2007年11月22日付け

 女声コーラス「梨の木会」の発表会が、二十五日午後三時から、文協小講堂(サンジョアキン街381)で行われる。クリスマスの曲を取り入れた四部構成で入場は無料。
 発表会では、第一部にクリスマス曲集。第二部に、昨年要望があった、わらべうたを取り入れる。「ひらいた」「あんたがたどこさ」「花いちもんめ」といった懐かしいメロディーを奏でる。第三部は、ピアノ伴奏、琴の演奏に合わせた筝曲、第四部は組曲〃くるみ割り人形〃を披露する。広川朋子さんの独唱もある。
 梨の木会は一九七四年に創立され、現在の会員は三十人強。日本語の曲を中心に日々練習を積んできた。指導者の松本美樹子さんは「四つの異なる雰囲気を楽しめますので、ぜひお越しください」と来場を呼びかけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ