ホーム | 日系社会ニュース | 広橋勝造さん=小説2作出版

広橋勝造さん=小説2作出版

ニッケイ新聞 2008年2月21日付け

 広橋勝造さんの小説「昨日(かこ)からの電話(れんらく)」「微生物」の二作がこのほど出版された。
 「昨日――」は、連絡の途絶えた友人の消息を追ってブラジルへ渡った日本の会社員が、カナネイアやリベルダーデを舞台にその謎に迫る内容。
 「微生物」の舞台はモジの日系農場。農場で起こった不審な自殺事件をめぐって、土壌改良のため来伯した日本の農業研究者と地元日系農業者らを主人公に物語が展開していく。
 作者の広橋さんは福岡県出身。一九七一年にブラジル移住、現在は医療機器関係の代理店を経営している。二作はどちらもサンパウロ新聞紙上で連載(「微生物」は連載中)されたもの。
 定価はいずれも二十五レアル。リベルダーデの日系書店で取り扱っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]