ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2008年2月26日付け

 次期県連会長は誰になるかとの話題が盛り上がっている中、現執行部としては副会長の与儀昭雄氏を推薦することに決定し、本人も承諾した。一方気になるのが、対抗馬としての出馬を噂されている中沢氏。「シャッパは必ず出してくるでしょう」と現執行部も強く意識しているようだ。実際にとある県では対抗シャッパに入り、応援する意向を見せているところも。問題は十四人のシャッパが組めるかどうかになってくるが、シャッパ提出期限まで一カ月未満、今後の動向が気になるところだ。
     ◎
 JICA主催の日本語学校生徒研修生派遣制度で日本を訪れていた五人。オリエンテーションの時は、ほとんど初対面だったために物静かで、会話もポルトガル語で話していた。しかし、一カ月の研修を終え、来社した際は全員が仲良くなって楽しそうにはしゃいでいたし、会話は全部日本語と大きく変わっていた。日本での一カ月の経験が大きな影響を与えていることは間違いない。
     ◎
 ブラジル中央銀行が発行する百周年記念硬貨の笠戸丸の図柄には「笠戸丸呉」と漢字で書かれている。「呉」の字があったかと疑問に思い、もとの写真を確認すると、確かにある。船の登録地名(港)が書かれているようだ。中央銀行広報に「笠戸丸だけにしたらいかがでしょうか」と参考までに尋ねたら、「国家通貨審議会で決定済みなので、デザインの変更は不可」とのこと。別に間違いではないのでそのままでも何ら問題はない。それにしても伯国硬貨に漢字とは――。天国の笠戸丸移民はさぞや驚いていることだろう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]