ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 サンパウロ日本人学校から各日系団体への寄付が行なわれた際、PTA9人に邦字紙読者がいるか尋ねてみた。結果、購読者はわずか1人、ネットで愛読しているという人も2人だけだった。日系社会と何かしらの関わりを持っているのは、親子で陸上クラブに通っているという1人のみ。駐在員家族の関心は、あまり日系社会へ向いていないようだ。帰国後、伯国やコロニアの様子を発信する人材が埋もれているかもと思うと、少々残念。邦字紙・コロニア共に、駐在員にとっても魅力ある取り組みが必要かも。
     ◎
 外国人が好む日本の観光名所といえば、京都・奈良の名刹が定番だ。が、「ふれあい日本の旅」で日本へ旅立った40人の日語学習者に行きたい場所を尋ねると、一番人気は日本アニメの聖地「秋葉原」という。「金閣寺や東大寺」との声はもはや少数で、若年層にとって日本文化の筆頭はアニメ・漫画という時代になったよう。若者の日語離れを嘆く団体も多いようだが、これを特効薬に使わない手はない?
     ◎
 日本祭りにもけん玉名人が出場し注目を集めたが、アクロバティックな技がカッコいいと、アメリカの若者の間でけん玉が大流行しているとか。先週末は、かつて全国のけん玉シェア4割を誇った広島県廿日市市で「けん玉W杯」が開催され、19歳の米国人が優勝。集中力や忍耐力が高まると、教育的効果も期待されているようだ。運動能力の高い伯人にも受けそうだが、当地ではまだ認知度が低いよう。日本文化の一環として、どなたか始めてみませんか?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 評価シンポ=百周年を振り返る=なぜあれほど報道されたか?=伯国マスコミが見る日系社会2010年1月1日 評価シンポ=百周年を振り返る=なぜあれほど報道されたか?=伯国マスコミが見る日系社会 ニッケイ新聞 2010年1月1日付け  なぜ08年のブラジル日本移民百周年では伯国マスコミから、誰もが予想しなかったほど大々的に扱われたのか。その疑問に答えるべく、百周年協会(上原幸啓理事長)と日伯社会文化統合機関(中矢レナット理事長)の共催により百周年評価シンポが、10 […]
  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • コロニア10大ニュース=節目の行事重なる=明るい材料も多い年2003年12月27日 コロニア10大ニュース=節目の行事重なる=明るい材料も多い年 12月27日(土) […]
  • 沢山の来場者2014年7月8日 日本祭り=大盛況! 18万人来場=W杯の影響、ものともせず=文化体験スペースも人気  ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)主催の『第17回日本祭り』が聖市イミグランテス会場で4~6日にあった。W杯と日程が重なったことで人出を危ぶむ声もあったが、前年同様、約18万人が来場した。特設舞台では太鼓やダンスなど約100演目が披露され、ミスニッケイコンテス […]
  • 安倍 晋三2015年1月9日 年頭のごあいさつ 「日系社会との関係強化を」=内閣総理大臣 安倍 晋三  ブラジルにお住まいの日系人・邦人の皆様、2015年の年頭に当たり、謹んで新年のお慶びを申し上げます。 昨年末に日本で行われた総選挙は、「アベノミクス」を前に進めるか、それとも止めてしまうのか、が大きく問わ […]