ホーム | 日系社会ニュース | 「新世界に渡った日本人」=浜松市で=移民と子孫の写真紹介

「新世界に渡った日本人」=浜松市で=移民と子孫の写真紹介

ニッケイ新聞 2008年2月29日付け

 【静岡新聞】ブラジルへの日本人移民百周年を記念した写真展「新世界に渡った日本人」がこのほど、静岡県浜松市中区のザザシティ浜松中央館内の県西部地域交流プラザ・パレットで始まった。
 両国認定の日伯交流年記念事業の一環で、国際協力機構(JICA)とブラジル日本移民100周年記念協会の共同企画。サンパウロのブラジル日本移民史料館やブラジル各地の日系団体が保存していた数千枚の写真の中から約五十点を選んで展示した。
 日本人移民の先駆けとされる一九〇八年の移民船「笠戸丸」の出港から、戦前戦後にかけての農場開拓や商工業への進出、一九八〇年代以降の日本への「出稼ぎブーム」など、ブラジルの発展に寄与してきた日本人移民とその子孫が歩んだ百年の歴史を、日本語とポルトガル語の紹介文を添えた写真パネルで展示。日系人の混血化の進行や日本文化とブラジル文化の融合など、日系人社会の変化も伝えている。
 展示会場のパレットの戸塚征彦事務局長は「多文化共生の意識を高めていくために、日本人だけでなく日本に住むブラジル人にも、ぜひ移民の歴史を知ってほしい」と話す。同展は今年中に県内七カ所を含む全国約三十会場を巡回する予定。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]