ホーム | 日系社会ニュース | ブラジル日本移民史料館=「大武和三郎」常設コーナー完成=葡和辞典編纂を顕彰

ブラジル日本移民史料館=「大武和三郎」常設コーナー完成=葡和辞典編纂を顕彰

ニッケイ新聞 2008年4月1日付け

 一九世紀末のブラジルに約四年滞在、帰国後にブラジル公使館(一九二四年に大使館に昇格)の通訳官として勤務、移民関係の公文書作成に携わり、葡和・和葡語辞典を編纂した大武和三郎氏(一八七二~一九四四)を紹介する常設コーナーがブラジル日本移民史料館(七階)に完成、二月末から公開されている。
 設置費用は、三千七百レアル。ブラジル在住の女性らで作る「ブラジルを知る会」が昨年九月に行なったブックフェアの収益寄付金が充てられた。
 コーナーでは、大武氏が一八八九年に横浜で乗艦した軍艦「アルミランテ・バローゾ号」のクストジオ・デ・メーロ艦長や辞書編纂を紹介する写真パネルのほか、ブラジル海軍省発行の機関士免状、一九一八年に発行された葡和辞典の初版本、ブラジルの友人と交した手紙など十数点を展示、その波乱万丈な人生と辞書編纂の苦労を垣間見ることができる。
 大武氏を長年検証してきたサンパウロ人文科学研究所の森田左京氏は、「死後六十年以上が経って日系社会がようやく顕彰することとなった。日伯友好の礎となった大武氏を多くの人に知ってもらえれば」と期待を込めて話した。
 ブラジル日本移民史料館の開館時間は午前十時半から、午後五時三十分まで。月曜日休館。詳細は同館(電話=11・3209・5465/museu@bunkyo.org.br)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]