ホーム | 日系社会ニュース | 「西式」をポ語クルソで=普及すでに大きな実績

「西式」をポ語クルソで=普及すでに大きな実績

ニッケイ新聞 2008年4月2日付け

 毎週一回、こどものその事務所(サンパウロ市)で無料健康相談会を開催しているブラジル西会(上重隆司会長)。今月の月例会は、五日午前十時から同所で行なわれる。
 同会の本部が先頃から、 Rua Martiniano de Carvarho 959に移されている。ここは、同会のセルジオ・ダ・シルヴァ・モウチニョ副会長(精神科医師、神経科医師)のコンスルトリオ「Instituto Paulistano」であり、同副会長は二十年余、西式医学を研究、さらに普及の教室を開設している場所でもある。
 セルジオ副会長のアウラは、現在毎週一回、三十五人の生徒と限定して開催されている。過去、受講した人たちは三千五百人。申し込めば、ヴァーガの空き次第受講ができる。電話11・3287・0399、FAX11・3289・1393。http://www.institutopaulistano.com.br

image_print

こちらの記事もどうぞ